マーケティング施策や商品開発を成功させるためには、ユーザーニーズ競合の状況について知る必要があります。市場調査を実施すると、ビジネス施策に役立つ様々なデータを集めることが可能です。

この記事では、市場調査の概要や重要性、市場調査の具体例について解説します。市場調査の実施を検討しているマーケティング担当者の方はぜひ参考にしてください。

目次

  1. 市場調査とは?
  2. 市場調査を行う重要性
  3. スマホ通信事業者に関する市場調査の例
  4. ツールを使うことで簡単に市場調査が可能
  5. 市場調査データをマーケティングに活用しよう

今回紹介する内容の一部は、PDF資料「スマートフォンの通信事業者別ユーザー調査結果レポート」から抜粋しています。

▼リアルな市場調査データを確認したい方はこちら

マーケター必見!実際の市場調査データを無料で配布中

マーケター必見!実際の市場調査データを無料で配布中

ログデータ×アンケートデータによるスマートフォンの通信事業者別ユーザー調査結果レポートについてご説明します。

市場調査とは?

市場調査とは、商品の認知度評判ユーザー行動などについて調べることです。対象のユーザーに対して、アンケートやインタビューなどの方法を用いて市場調査が行われます。

市場調査を行う方法は街頭インタビューや電話、郵送アンケートなど様々です。また、オンラインで回答できるアンケートや、Web上での行動履歴データに基づくネットリサーチなども市場調査に使用されます。

市場調査を行う重要性

市場調査は、新たな商品を開発したり、広告プロモーションを企画したりする場合に重要です。ここでは、市場調査を行うべき理由を3つ紹介します。

ユーザーニーズが捉えられる

市場調査を行うと、ユーザーのニーズを捉えることが可能です。自社がターゲットとするユーザーが、どのような商品やサービスを求めているかを把握できます。

ユーザーが普段抱えている悩みや不満を知ることは、商品開発時に重要です。ユーザーの不満を解消する方法を考えることで、新たな商品のアイデアが浮かぶでしょう。

また、広告媒体の選定広告クリエイティブを作成する時にも、ユーザーニーズに関する情報が役立ちます。具体的な悩みに対する訴求を広告文やバナー画像に含めることで、ターゲットユーザーの興味を引くことが可能です。

競合他社の状況が分かる

市場調査では、競合他社の市場シェア商品の強みなども分析できます。また、特定の商品やサービスの価格相場も、市場調査で調べられるデータの一つです。

数ある中から自社の商品を購入してもらうためには、競合他社と比べて優位なポイントを消費者にアピールする必要があります。市場調査で競合他社がどのような評価を得ているか調べると、自社商品の打ち出し方を考えることが可能です。

新たな業界に参入する場合にも、競合他社に関する調査が役立ちます。競合他社の市場シェアに関する調査データは、新規参入後の売上や利益をシミュレーションする場合に必要です。また、価格相場に関する調査データは、自社商品の値付けをする時の参考になります。

自社について客観的に把握できる

市場調査を行うと、自社の認知度や評判などを客観的に把握することも可能です。ターゲット層に対するアンケートでは、自社の商品やサービスがどの程度認知されているかを数値化できます。また、商品に対して抱いているイメージなども、市場調査で把握できる情報です。

自社に対する評価は、マーケティング担当者や経営層などの主観ではなく、客観的な情報に基づいて確認する必要があります。思い込みや先入観でマーケティング施策を行ってしまうと、実際のユーザーニーズとずれるリスクがあり危険です。

市場調査で得られた客観的な情報を参考に、自社の強みや市場における位置づけを確認しましょう。

スマホ通信事業者に関する市場調査の例

市場調査で収集できるデータや、データ分析によって得られる情報は様々です。ここでは、市場調査の具体的な例として、スマホ通信事業者に関するレポートを紹介します。

以下で紹介するレポートは、国内の20歳以上の男女を対象とした市場調査のデータです。調査は2020年11月に行われ、7,687名のスマートフォン所持者から得られたネットアンケートの回答を基にレポートが作成されました。

各事業者の強み

image4.png

スマホ通信事業者の契約理由に関するアンケート結果から、各事業者の強みが分析されています。

市場調査の結果からNTTドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアはブランドイメージがよく信頼できるという理由で契約されていることが分かりました。また、通信エリアが広いことも3大キャリアの強みです。

サブブランドや楽天モバイルは、キャンペーンやプランの内容に惹かれての契約が多く、月額費用の安さが強みでした。

このレポートでは、各事業者の強みがコレスポンデンス分析と呼ばれる手法で分析されています。コレスポンデンス分析とは、関連性の高い情報同士が近い位置に表示されるように、データを2次元のマップにまとめる方法です。

競合他社の強みなど、複数の対象を分析し傾向を把握したい場合には、コレスポンデンス分析が適しています。

乗り換え経験と今後の意向

image2.png

スマホ通信事業者の乗り換え経験に関する調査では、調査対象となったユーザー約半数に乗り換え経験があることが分かりました。

ただし、乗り換え経験者が占める割合は、契約している通信事業者によって差があります。NTTドコモの利用者は、85.6%のユーザーに乗り換え経験がありません。auやソフトバンクも、乗り換え経験のないユーザーが多数派です。

一方、LINEモバイルなどのMVNOユーザーは、乗り換え経験者の比率が90%前後となっています。

今後の意向に関するアンケートでは、全体の約1割が乗り換えを検討しているというデータが得られました。特に、MVNOの利用者には乗り換え予定があるユーザーが多く見られます。

通信事業者乗り換えの実態

image1.png

現在契約している事業者や変更前の事業者、検討中の乗り換え先に関するアンケートでは、3大キャリアからサブブランドや楽天モバイルなどへの乗り換えが活発なことが分かりました。

変更前のキャリアランキングでは、3大キャリアの合計が調査対象の87.9%です。現在契約中や、今後切り替えを検討しているキャリアランキングでは、3大キャリアの合計は低下しています。また、MVNOからRakuten UN-LIMITに人気が流れていることも、調査データから読み取れる内容です。

このような集計により、市場における事業者ごとの人気度を把握することができます。

乗り換え意向者が抱える不満

image5.png

現在利用中の通信事業者に対する不満度の調査では、月額費用への不満が最も高いことが分かりました。

また、乗り換え予定があるユーザーの方が、全体的に不満度が高いという調査結果が得られています。特に、3大キャリアユーザーの乗り換え意向者は、半数以上が月額費用に対する不満を持っていました。

このような調査で得られたユーザーの不満に関するデータは、新たな商品の開発広告戦略の立案に役立てることが可能です。

▼リアルな市場調査データを確認したい方はこちら

マーケター必見!実際の市場調査データを無料で配布中

マーケター必見!実際の市場調査データを無料で配布中

ログデータ×アンケートデータによるスマートフォンの通信事業者別ユーザー調査結果レポートについてご説明します。

ツールを使うことで簡単に市場調査が可能

image3.png

この記事で紹介したスマホ通信事業者に関するアンケート調査では、市場調査ツールの「Dockpit」が使用されています。「Dockpit」では、国内の約250万人の登録ユーザーを対象に競合調査や市場動向を把握することが可能です。

「Dockpit」のようなリサーチツールを活用すると、市場調査を簡単に実施できます。対面や郵送のアンケートなどとは異なり、オンラインのリサーチツールを利用した調査では集計の手間がかかりません。

また、全国のユーザーを対象として、短期間で多くのデータが集まることもツールを活用するメリットです。市場調査を行う目的に合わせて必要なデータをすぐに集め、分析することができます。

市場調査データをマーケティングに活用しよう

市場調査を行うと、ユーザーのニーズや自社の評価など、様々なデータを得ることが可能です。自社のターゲット層や競合他社に関する客観的なデータは、商品開発や広告戦略の立案などに役立ちます。

この記事で紹介したレポート事例やツールを参考にして、市場調査に取り組んでみてはいかがでしょうか。

▼リアルな市場調査データを確認したい方はこちら

マーケター必見!実際の市場調査データを無料で配布中

マーケター必見!実際の市場調査データを無料で配布中

ログデータ×アンケートデータによるスマートフォンの通信事業者別ユーザー調査結果レポートについてご説明します。