URL

Profile

ferret編集メンバーが不定期で更新します。
Webマーケティング界隈の最新ニュースからすぐ使えるノウハウまで、わかりやすく紹介します!
  
>> 著者詳細はこちら

URL とは、「Uniform Resource Locator」の略称です。情報がどこにあるのかを示す インターネット 上の住所のようなものだと考えるとわかりやすいでしょう。各ページの URL は、 インターネット ブラウザ の上部に文字列として表示されています。日本語では「統一資源位置指定子」という名称がついていますが、実際には日本でも URL という語が使われています。

Curriculum pt1

URL の構成

URL

URL は以下の要素で構成されています。

・スキーム…「http」の部分がこれにあたる
・ホスト名…提供webサーバーの識別をする
・パス名…ファイルの場所を指定する
・ポート番号
・フォルダ名

※パスワード、ポート番号など一部の構成要素は省略することが可能です。

スキームの代表例

URL の冒頭に「http」という表記があります。 HTTP とは「Hypertext Transfer Protocol 」の略で、webサーバーと ブラウザ がデータを送受信するために使われる通信手順のことです。 インターネット を利用するときに ブラウザ に「http」と打ち込むのは、 HTTP を使って通信することを指示するためです。

スキームのほかの例としては、メールの宛先に使用される「mailto」や、ファイルを参照するための「file」などがあります。

その他の要素

その他の要素については、決まった文字列はありません。たとえば、「https://www.google.co.jp/」や「http://www.yahoo.co.jp/」に記述されます。

この場合、「google」や「yahoo」部分は企業名であることを示しており、「co」や「jp」は、企業であることや日本のサイトであることを表しています。このように、企業名やホームページの名前を URL に入れる傾向が強いようです。

また、Yahoo! ショッピングにアクセスすると URL が「http://shopping.yahoo.co.jp/」となり、「shopping」という文言がついてきますが、これはファイル名を表しています。

会話例

「あなたの ブログ URL を教えてください」
「Yahoo! のホームページの URL は、http://www.yahoo.co.jp/ です」

Webマーケティングのノウハウ集をプレゼント!

ferretマーケティングメソッド(無料)

創業より10年以上、Webマーケティングの最前線で弊社が得てきた効果をあげるためのノウハウを1つの資料にまとめました。(全83ページ)

限定版の資料をダウンロードする(全83ページ)

Original