グリッドデザインにマテリアルデザイン……。

ここ最近、Webデザインは真っ直ぐなものを好むような傾向にありました。しかし、2017年はその流れに反して、柔らかみを持ったグラデーション調の新しいプチデザイントレンドが注目されました。それが、一般に「Blob」と呼ばれるものです。皆さんは、Blobを耳にしたことがありますか。

今回は、2017年に流行したデザイントレンド「Blob」について解説し、Blobを取り入れる際のポイントとともにお伝えします。

流行に敏感なデザイナーだけではなく、最近のWebデザイントレンドが気になる方も注目です。
  

「Blob」とは?


Dribbble

2017年に見られたプチデザイントレンドとも言える「Blob」は、英語で「(インクなどの)しみ」を意味する言葉です。

Blobは漠然として捉えどころのない形をしており、主にランディングページの全体的なデザインになっていることが多く見受けられます。最近のWebデザイントレンドでグラデーションを使うのが流行していますが、90%ほどのBlobデザインはグラデーションを使い、レイヤーの低層部に敷かれていることがほとんどです。


Dribbble

Blobはいわば "スライムのような形" をしているので数えたりすることはできませんが、柔らかく丸みを帯びているので、優しい雰囲気ユーザーに伝えることができます。
  

Blob出現の背景を考えてみよう

Blobは決して大きなデザイントレンドと言えるほどではないですが、このデザインを好んで使っているデザイナーは確実に存在しています。

UXデザイナーのイアン・ラッチマンジン氏によれば、以下がBlob出自の由来ではないかと考えられています。
  

1. フラットデザインへのブレイクスルー


Dribbble

Windowsのメトロデザインや iOS 7以降の厳格で冷たいデザインは、当たり前のようになってきました。一方、フラットでソリッドなデザインに対して、丸みを帯びたBlobのようなデザインが求められているのではないかと考えられています。
  

2. イラストの代わりとして

最近ではイラストを使うWebサイトも増えてきました。イラストを使うと親しみが持て、ユーザーとの距離が近くなったように感じますが、場合によっては少し子どもっぽいと感じてしまうこともあります。

ハンドメイドな作品は独自性を生み出しますが、「洗練さ」からはかけ離れてしまうので、多くのデザイナーはBlobを使って柔らかい物腰でありながらもクールさを演出しているのではないかと考えられています。
  

3. データ・ドリブンで近未来的なイメージにぴったり


Dribbble

デザイン心理学的な観点から言えば、左から右に波が上がっていくほうが私たちは安心感を感じ、より深い興味を持つのではないかと指摘されています。


Dribbble

iPhoneでも歩数や睡眠時間などを計測することが簡単になり、様々なグラフを目にする機会が多くなりました。Blobのような波形のデザインは、そうしたデータ・ドリブンで近未来的なイメージにぴったりなのです。