検索結果

Profile

ferret編集メンバーが不定期で更新します。
Webマーケティング界隈の最新ニュースからすぐ使えるノウハウまで、わかりやすく紹介します!
  
>> 著者詳細はこちら

検索結果とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索したときに表示される情報のことです。「Search Engine Result Page」の頭文字から「SERP」と呼ばれることもあります。
検索結果には、検索エンジンの機能に関する情報と、検索キーワードに関連する情報を持つページが表示されます。

Curriculum pt1

検索結果に表示される情報

検索結果には、以下のような情報が表示されます。

1、検索キーワードに関するホームページに関する情報

・検索キーワードに関する情報を持つページの総数
ページタイトル
・ホームページアドレス
・ホームページの説明文

2、検索エンジンの機能に関する情報

・検索対象とする情報のタイプ
ホームページ・画像・地図・動画など、ピックアップする情報のタイプを指定して検索できる。

・検索対象とする情報の属性
言語・公開された時期など、情報をさらに絞り込んで検索できる。

・検索補助キーワード
検索したキーワードと合わせて検索されることの多いキーワードや類似キーワードなど、情報の絞り込みに役立つキーワードが表示される。

検索結果からの流入を増やす

ユーザーは、検索順位だけでなく、検索結果に表示されるタイトルや説明文も考慮して、実際にアクセスするホームページを選びます。検索エンジンからの流入を増やすために、ページの内容をわかりやすく示す、魅力的なタイトルや説明文を工夫しましょう。

また、検索キーワードタイトルや説明文に含まれていると、その部分は検索結果で太文字表示され、強調されます。これは、検索ユーザーに「このページには自分が必要とする情報がありそうだ」と感じさせる大きな要因のひとつです。

検索結果からのアクセスを後押しするために、タイトルや説明文には、検索に使われそうなキーワードを意識的に使うと良いでしょう。

会話例

検索結果で目立つために、もっとキャッチーな説明文をつけましょう」
検索結果の上位に表示されるようにコンテンツを強化しよう」