WebディレクターやWebデザイナーなど、業務で直接プログラミングをしなくとも、プログラミングを学んでおきたい方もいるのではないでしょうか。

そんな方にオススメなのが、iPadアプリ「Swift Playgrounds」を使ってプログラミングを学ぶ方法です。

今回は、「Swift Playgrounds」の概要と基本的な使い方を解説していきます。アプリ自体非常に分かりやすい設計になっているため開いたら迷うことは少ないと思いますが、ここで全体像を押さえておきましょう。

Swiftとは?

sw.png

Swiftは、iOS・macOS上でネイティブアプリを作成するためのプログラミング言語です。これまで、Apple製品で動くアプリを作成するにはObjective-Cという言語を習得して使えるようにしなければなりませんでしたが、SwiftではObjective-Cを学ぶ際に障壁となっていた難しい概念を極力減らし、学びやすいようになっています。

Swiftでは、「add」(追加)や「remove」(削除)といったシンプルな単語やフレーズが出てくるので、コードを入力しつつ、自分が今何を作成しているのかを推測しながらプログラミングを行うことができます。

RubyやPHPの思想設計も取り入れており、初心者もわかりやすいだけでなく、柔軟かつパワフルで、何百万人ものデベロッパーに愛用されています。

Swift Playgroundsとは?

sp.png

Swift Playgroundsは、iOSアプリ・macOSアプリを作成するためのプログラミング言語であるSwiftを、インタラクティブに学ぶことができるiPad用のアプリケーションです。

「プログラミングを学ぶ」というと、プログラミング未経験の初心者は身構えてしまうかもしれません。

しかし、プログラミングを知らない子どもたちに教えるなど教育現場でも利用されており、プログラミング未経験でもゲーム感覚で学ぶことができます。

robo.png

また、LEGO マインドストーム EV3のような赤外線無線接続の組み立て式ロボットやParrot Mambo Fly Droneのようなドローンにも順次対応しており、Swift Playgrounds上でプログラミングしたコードでドローンやロボットを自在に動かすこともできます

「Playground」は「遊び場」のことですが、文字通りリアルなおもちゃを使ってプログラミングを学ぶことができるので、大人だけでなく子どもたちにも人気です。2017年3月には待望の日本語版が登場したので、日本語で学ぶことができます。