Swift Playgroundsで学ぶ基本操作

Swift Playgroundsのダウンロードは、iPad上のApp Storeで行います。これから使い方を解説していきますので、事前にダウンロードしたiPadを手元に置いておくとよいでしょう。

ダウンロードが完了したら、プログラミングのレッスンをダウンロードします。プログラミングを全く学んだことがない、あるいはSwiftは初めてという方は、「コードを学ぼう 1 - Swiftの基本」というレッスンをダウンロードしましょう。

a1.png

レッスンをダウンロードしたら、レッスンを開きます。すると、チュートリアルがスタートします。チュートリアルでは、簡単な導入と、主人公である「Byte (バイト)」の紹介をしています。

a2.gif

次に、コードを打ち込む場面が現れます。指示された通りにプログラミングをすれば、Byteがそのように動きます。最初は関数について学びますが、キーボードで打ち込むこともできますし、「QuickType」と呼ばれる下中央に現れているボタンを押すことで関数を素早く入力することもできます。

a.PNG

ステージは指で回転させたり、ピンチして拡大・縮小することも可能です。コードをならべかえる際に、コマンドを長押ししてドラッグして移動することもできます。

コードが入力できたら、「コードを実行」というボタンを押すと、ステージ上のキャラクターが反映されます。

ステージを進んでいくと、新しい関数を学んだり、デバッグの仕方について学んだりします。このコースを終えることで、ある程度のプログラミングの考え方を身につけることができます。

さまざまなPlayground

「コードを学ぼう 1」以外にも、Swift Playgroundsには、さまざまなレッスンが用意されています。ここでは、いくつかのレッスンの中から、おすすめのものをご紹介します。

コードを学ぼう 2 - 中級編 (中級)

b.PNG

「コードを学ぼう 2」では、先ほど学んだSwiftの基本知識をさらに発展させて知識を深めるとともに、用意されているステージで問題を解くだけでなく、自分でステージを作ります。

このレッスンでは、「型」「インスタンス」「パラメータ」「配列」などを学んでいきます。このレッスンを終えるだけでも、かなりたくさんの知識が増えているはずです。

コードを学ぼう 3 - 宇宙探検 (上級)

c.PNG

「コードを学ぼう 3」では、これまで学んだ知識を使って、本物のApp(アプリ)を組み立てるつもりでコードの組み立てを考える練習をします。

Bluと呼ばれる主人公を動かして、プロの開発者が活用する手法を学びながら、楽しいツールを作成します。グラフィックスや座標などの概念を学んで、宇宙にいたずら書きを行うこともできます。

このレッスンでは、「座標」「タッチイベント」「イベントハンドラ」「グラフィックとサウンド」「アートボード」といった概念を学んでいきます。ここまで学べば、もう本格的なアプリを作れる準備は整っています。

スパイラル (初級)

d.gif

スパイラルは、Swiftの基本的な概念を学んだら遊ぶことのできるチャレンジプログラムです。

Swiftを使って、幾何学的な曲線を描くのが目標になっています。ここでは、ルーレット曲線と呼ばれる、複雑で美しい対象パターンの曲線を作成します。

拡張現実 (中級)

hopper.png

Swift Playgroundsでは、今話題の「拡張現実」(AR)の実現もプログラミング体験することができます。

コーディングしながら、おなじみのByteをカメラを通して出現させます。その後、自分のフォトライブラリにある写真を使って、自由な発想のデジタルオブジェクトを作ります。