ビッグデータとは、一般に、インターネットの普及とITの進化によって生まれた、事業に役立つ知見を導くためのデータのことを指します。「データの多量性」だけでなく、「多様性」があるデータを指します。

ビッグデータ

近年、スマートフォンやタブレットの普及を台頭に一般消費者のインターネット利用者が増え、多岐(ネットショップ、SNS、ブログ等々)に渡っています。

これまでは、これらの膨大なデータの処理は困難とされていましたが、インターネット技術の向上により様々なデータを高速かつ正確に解析することができるようになりました。

その結果、解析されたビッグデータをビジネスに利用することが注目されています。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

ビッグデータの活用事例

GoogleやYahoo!のインターネット広告の中にはユーザーのアクセスデータを取得・解析し、各ユーザーの趣味嗜好に合った広告を表示するプランも登場しました。

その他、大手サービス業の「ぐるなび」では、ビッグデータ分析システムを導入し、運営する飲食店検索サイトの約1000万人分の会員情報と、10億近いPVによる、ユーザーのアクセスログを分析し、品質向上に役立てています。

ビッグデータの活用は、これまで見過ごされてきたデータをインターネット技術の向上により所得・解析し、得た知見を新たな仕組みやサービスに活かす重要な鍵として注目されています。

会話例

ビッグデータを活用して、ユーザーの動向を分析しよう」