ブランディングとは、自社ブランドに対する信頼や共感を得ることにより、顧客から見た自社のブランドの価値を高めていくマーケティング活動のことを言います。

ブランディングを行うことにより、同カテゴリーの他社ブランドとの差別化が図れるようになり競争優位となるため、少ないコストで多くの収益が得られる可能性が高まります。

顧客からみたブランドの価値は、企業にとっては一種の資産として捉えることができます。具体的には「この商品ならA社だ」などのブランド・ロイヤリティ、多くの顧客に好感度をもって認知されるブランド認知、「A社のものなら間違いないだろう」と思わせるブランドの品質を表す知覚品質、「A社の商品=高級、おしゃれ、都会的」などのイメージを持たれるブランド連想などがブランド価値としての資産です。

これらのブランド価値を高めることがブランディングの目的であり、それにより他社との競争優位を生み出すことができ、ひいてはより多くの収益をその企業にもたらすことが可能になります。

使いかた

「ブランディングの難しさは、単にイメージづくりだけ行っていても意味がないところさ」
「ブランディングといっても色んな手法があるから、その時の状況で選ばなければならないね」
「ブランディングは時間がかかる場合も多いけど、中長期的には最強のマーケティング戦略だよ」