マーケターのための使えるITソリューション見本市「マケスト」。
今回その中からご紹介するのは、高機能搭載でコストパフォーマンスに優れたEFOツール「EFO CUBE」です。

【ここがポイント】
ポイント1:外部連携機能による入力補助
ポイント2:フォームの改善に役立つ分析データ収集機能
ポイント3:サポート込みの高コストパフォーマンス

EFO CUBEとは?

EFO CUBEとは

EFO CUBEは、コストパフォーマンスに優れたエントリーフォーム最適化(EFO)ツールです。入力補助機能や分析機能など複数の機能を備え、サポート体制も充実しています。複数の外部ID連携によって煩わしいアカウント登録を行わなくて済むため、ユーザーフォーム入力を行う上でのストレスを軽減できます。

EFO CUBEは、ホームページにJava scriptのタグを1行追加するだけで簡単に導入でき、項目やエラー内容ごとに詳細に分析や改善が可能。コンバージョン率の向上に役立ちます。2018年2月時点で導入企業数は350社、導入フォーム数は3,200個と、徐々にそのシェアを伸ばしつつあります。

エントリーフォームは、ユーザーがホームページ上で商品を購入したり、資料をダウンロードしたり、お問い合わせをしたりと、「何かしらのコンバージョン」を果たす時に必ず通る要素です。

しかし、エントリーフォームに来訪したユーザーは基本情報(名前や住所など)の入力に面倒を感じ、70%程度が離脱してしまうとも言われています。

ホームページへの集客にいくらお金をかけても、エントリーフォームユーザーに対して最適化されていないと、無駄な離脱ユーザーを生んでしまいます。

つまり、コンバージョンに最も近いユーザーが集まるエントリーフォームの最適化を実施することで、同じ集客量でより多くのコンバージョンを獲得することができるようになります。それはすなはち、コンバージョン単価の低減を意味します。

EFOを実施する場合には、「エントリーフォーム上のデータを収集すること」と「データに基づいた対策を実施すること」の2点が必要となります。

そこで便利なのが、EFO CUBEです。
EFO CUBEには、以下のような3つの魅力があります。

・フォームごとの詳細なデータ分析が可能
・ドコモIDなどの外部ID連携機能(独自機能)
・50,000円/月で高水準のEFOを実現できる

EFO CUBEは、フォームごとの詳細なデータ分析が可能です。

入力項目ごとにどこで何人が離脱しているのか、また、エラー内容の発生回数と内訳を取得できます。離脱の定義を「未入力」「途中」「完了後」と3つのステータスに分けて確認することができます。そのため、課題の発見と対策を速やかに行うことができます。

データ分析

他のEFOツールに比べ、EFO CUBEはフォームごとの「エラー詳細分析機能」と「ID連携分析」の機能が独自機能として実装されています。エラー詳細分析では、ユーザーがエントリーフォームの入力途中にどんな情報を入力してエラーとなったかが明らかとなります。また、そのユーザーの数も分析することができるため、フォームごとの改修の優先順位付けも明確に考えることが可能です。

また、EFO CUBEでは外部連携機能による入力補助もできます。

FacebookアカウントやYahoo!ID、ドコモかんたん入力と外部連携しており、ほとんどのユーザーが簡単にアカウント情報の自動入力が可能。特に、スマートフォンでの購入割合が増加している昨今、フォームへの入力ストレスを極限まで減らした入力補助機能がコンバージョン率向上に効果を発揮します。

外部連携

特に、ドコモIDとの連携はEFO CUBE独自の機能で、ドコモIDを使ってエントリーフォームの情報を入力するユーザーのコンバージョン率が高まる傾向があります。

そして、サポート込みの高コストパフォーマンスも魅力の1つ。

初期費用が無料で、月額5万円で5フォームまで設置可能です。企業が導入の際に行うのはタグの設置と動作確認のみで、運用開始までに必要な作業はEFO CUBE側で対応をしてくれます。およそ2週間程度で運用が開始できます。

運用改善サポート

また、他のEFOツールとは異なり、オプション料金などもなく、基本的に一律5万円/月で利用することができます。特に、外部ID連携にはオプション料金を設定しているEFOツールもあるため、お得なサービス料金だと言えます。

さらに、同料金内で運用改善のサポートも受けることができます。EFO CUBEで収集したデータをもとに、よりコンバージョンを創出するエントリーフォームを実現することが可能です。

EFO CUBE担当者からのメッセージ

株式会社GeeeN 営業部 部長 岡野 宏輝氏

株式会社GeeeN 営業部 部長 岡野 宏輝氏

弊社はもともと広告代理店業をメインに営んでおり、Web広告と絡めた形でクライアントに成果を高めてもらうためのツールとしてEFO CUBEを開発しました。

エントリーフォーム最適化というと、あまり着目されない方も多いかもしれませんが、Webサイトに集客をすることだけがマーケティングとは言えません。コンバージョンをもたらしてくれるユーザーが必ず通る場所がエントリーフォームです。エントリーフォームに訪れるユーザーは、自分たちに対して最もモチベーションが高いユーザーなのですから、そのユーザーに対して、つまりエントリーフォームをどうするか、ということに対して意識を向ける必要があると思っています。

弊社のお客様は様々な理由でEFO CUBEを導入していただいています。そもそもエントリーフォームのデザインを直したいというお客様から、入力支援機能をつけたいというお客様、もちろんエントリーフォームのパフォーマンスを引き上げたいという方もいらっしゃいます。

パフォーマンスを引き上げたいというお客様には、弊社も月次でレポーティングやサイト改善提案をサポートという形で行っています。

EFO CUBEを通して、多くのお客様とお付き合いができるように努めていきます。

マケスト編集部より一言コメント

エントリーフォームに着目することがこれまでなかった方にとっては、EFOという概念はイメージがしづらいかもしれません。

しかし、自分がユーザーの立場になって考えてみた時、エントリーフォームの項目1つ、入力エラー1つで利用する気持ちが薄れてしまうことがあることに気がつくはずです。

EFOではコンバージョンに直結するエントリーフォームの改修を行うため、勘や経験だけで判断するのではなく、EFO CUBEのようなサービスを用いて、データをもとに対策を判断する必要があります。

EFO CUBEはEFOに本気で取り組んでみようという企業にとっては最もコストパフォーマンスが高いツールだと言えるでしょう。

続きは、