マーケターのための使えるITソリューション見本市「マケスト」。
今回その中からご紹介するのは、効果的なリサーチからPRまでを低価格で実現できる「Marketing Achieve ~Markecchi(まーけっち)~」です。

【ここがポイント】
ポイント1:700万人のユーザーからリサーチ対象者を抽出
ポイント2:マーケティングに本当に必要なサービス離脱者のデータ収集が可能!
ポイント3:リサーチの価格破壊!低価格でのPRリサーチを実現

Marketing Achieve ~Markecchi(まーけっち)~とは?

手間やコストがかかるリサーチを低価格で実現!

商品の販促や、新サービスの立ち上げなどにおいて、市場やターゲットのリサーチは非常に重要です。
ユーザーリサーチが不十分では、せっかくの商品やサービスの魅力や課題を見落とし、サービス開発やその後のマーケティングに大きな影響を及ぼします。

しかし、リサーチにコストや時間をかけられないという企業は多いのではないでしょうか。
特に、スタートアップやベンチャーでは、ターゲット理解の重要性をわかっていながらも、優先度が落ち、結果的に非常にもったいないケースが多く見受けられます。

・どのようにリサーチをしていいのかわからない
・リサーチにかける人材や予算が確保できない
・自分たちでターゲットへアプローチする手段がない

魅力的な商品やサービスだとしても、ターゲットが不明確では、効果的に認知・拡散させることは困難です。
とは言え、使ってもらわないとはじまらないからと、とりあえず広告を打つというのは得策ではありません。

自社の商品やサービスのターゲットとなるユーザーを絞り込み、そのユーザーにアンケートを実施したり、モニターになってもらったりというのが、商品やサービスの認知・継続利用に効果を発揮します。

しかし、世の中にあふれるネットリサーチの会社を使っても、自分たちの想定よりも対象ユーザーが少なかったり、ユーザー数を集めようとすると膨大な金額がかかったりする、という問題があります。

また、リサーチができたとしても、正しくデータを活用できる企業は多くありません。
別途コンサルを頼めば解決することもありますが、ここで浮上するのはやはり、コストの問題です。

低コストで効果的なリサーチを行えないか? 
そんなニーズに応えるべくローンチされたリサーチサービスが「まーけっち」です。

狙ったユーザーに効果的なリサーチからPRまで行える「まーけっち」

「まーけっち」は、株式会社マーケティングアプリケーションズが運営するサービスです。
同社は13年の歴史を誇るネットリサーチプラットフォームの老舗。

自社で抱えている170万人のアクティブユーザーだけでなく、提携10社を含めた700万人のユーザーも対象としており、年代や性別、職業、属性など、さまざまな切り口でユーザーを抽出することが可能です。

Markecchi(まーけっち)について

いくつかあるメニューのうち、成果報酬型の「ターゲティングプロモーション×拡散」では、
単なるネットリサーチにとどまらず、商品やサービスのプロモーションまで行える、費用対効果の高いメニューとなっています。

通常のネットリサーチでは、アンケートを実施後その結果を自社で分析し、今後のマーケティング活動につなげていく必要があります。
このやり方では、時間やコストがかかるため、すぐに結果を出したいというときには不向きです。

一方、成果報酬型「ターゲティングプロモーション×拡散」メニューでは、実際に商品やサービスを対象者に利用してもらうことで生の声を吸い上げることができるだけではなく、対象者にSNSでの口コミ拡散や、ECサイトへのレビューへの書き込みを誘導。自然かつ効果的なPRにつなげることが可能です。

コストや時間をかけず、効率的にユーザーのニーズを把握し、迅速に集客や拡散まで行いたい。
そのようなときに「まーけっち」の「ターゲティングプロモーション×拡散」が有効なのです。

「まーけっち」ターゲティングプロモーション×拡散 実施の4ステップ

①ターゲットの選定

700万人に及ぶユーザーから、ターゲットとなる対象者の絞り込みを実施。
長年蓄積された大量のユーザーデータに基づき、さまざまな条件のユーザーを抽出可能。
ターゲットピンポイントにアンケートを実施し、興味を持ってくれたユーザーにはサービス利用を誘導します。

Markecchi(まーけっち)_ターゲットとなる対象者の絞り込み

残りのステップの続きは、