キャッチコピーは、商品やサービスを売るために言葉で人の心を動かす手段です。

たった数文字の言葉が購入の決め手になったり、ブランディングに役立ったりと大きな影響を与えます。時にはキャッチコピーを勉強するための講座が開催されるほど、マーケティングでは重要視されています。

読むのは一瞬ですが、コピーライターが一番頭を悩ませる部分でもあるキャッチコピー

なかなか良い案やグッとくる言葉が思い浮かばず、何時間も考え続けているなんてこともよくあるのではないでしょうか。

そこで今回は、キャッチコピーに迷ったときに使えるお助けキーワードを11個、訴求パターン別に用意しました。

新しさ主張する

トレンドの服や流行の場所を選ぶように、人はとにかく新しいもの好きです。

あなたの商品やサービスに「新しさ」「時代最先端」を作り出せるポイントがあるなら、これから紹介するキーワードは良いヒントになるはずです。

1.「 新常識」

「新しさ」の中に「あたかも当たり前」になりそうな要素が含まれるこのキーワードは、これからの時代のブームを作り出したいときにおすすめです。

「これからこの時代が来る」と予見するような言い回しで、ワクワクとした気持ちを煽ります。

例:「新常識!痩せるにはカロリーの質が大切だ」
引用元:東洋経済ONLINE 新常識!やせるには「カロリーの質」が大切だ

2.「基準を変える」

今まで普通だと思っていた基準も時代とともに変わりつつあります。

このキーワードは一般的だと言われている基準と比較することでより効力を発揮します。読み手がイメージしやすい基準と引き合わせてみましょう。

例:「オールインワンの基準を変える、洗うだけ美容液」

古さ・伝統を主張する

何かと「新しさ」が求められることの多い現代ですが、時には「古さ」が武器になることもあります。老舗の安心感や信頼感、長く利用されている実績など、ユーザーを安心させられる「古さ」については、ぜひともアピールしていきたいものです。

その商品の中に「古さ」や「伝統」の香りを感じるなら、ぜひ以下のキーワードを参考にしてみてください。

3.「○○年もの」

古さに価値がある場合は、「どれだけ古いか」を主張するのがおすすめです。

古さから滲み出る味わいや歴史感を演出し、通な人にとってはたまらない一品に見えるでしょう。

josa0902_-_1.jpg

例:「七尾たくあん 浅次郎漬三年物」
引用元:七尾たくあん 熱海 岸浅次郎商店 オンラインショップ

4.「受け継がれた」

古き良き時代に登場して現代まで受け継がれてきた老舗はたくさんあります。

「代々受け継がれる=長年愛されてきた」ということですので、ダイレクトに「受け継がれた」のキーワードを使うのもアリです。

例:「息子へ受け継がれた、100年前の味」

5:「レトロ感」

「昔懐かしい雰囲気や印象」を表現するのにぴったりなこのキーワードは、とくに年配層に向けて、古いものに価値を与えるパワーワードです。

また、若年層向け「レトロ好き」に対しても有効でしょう。

例:「レトロ感残る店内で、あの懐かしい時代にトリップできたら」

高品質をアピールする

高価な素材を使った商品や内容が充実したサービスは料金も高くなりがちです。

しかしそれは、高品質であることの象徴でもあります。料金の高さが気にならない、むしろ魅力的に思えるようなキャッチコピーを考えましょう。

6.「○○監修」

高品質をアピールするなら「肩書き」を利用するのが有効です。

専門家が監修した商品やサービスであれば、値段が高くても「専門家監修だし」と納得する人が多いです。

josa0902_-_2.jpg

例:「割烹料亭千賀監修 おもいやり」
引用元:楽天市場 おもてなし参道

7.「確かな品質」

品質のよさを表現する場合に多く使われるのが「高品質」。キャッチコピーにも多く使われている言葉ですが、これ「高品質」以外にも品質の良さを表現できる言葉があります。

それは「確かな品質」です。品質に自信があることを表現する方法として、覚えておくと良いでしょう。

例:「確かな品質と優れた技術で実現」

安さを売りにする

安さを前面に押し出すキャッチコピーは思いつきやすく有効でもありますが、下手をすると安っぽいイメージを植え付けかねません。

安っぽくなりすぎず、「お得である」ことを伝えるために紹介するキーワードを参考にしてみてください。

8.「初回○○」

「初回○○」のキーワードを使うと、ユーザーは「とりあえずやってみよう」という気になります。

限定性のある言葉と組み合わせることでより効果が強くなるでしょう。

josa0902_-_3.jpg

例:「初回限定!お試し半額キャンペーン
引用元:夕食食材宅配のヨシケイ

意外性を出す

その商品に意外な一面があったり、購入する人物が意外な人物だったりした場合、意外性を表現するキーワードを使って主張するのがおすすめです。

キャッチコピーを見た人はそのギャップに興味が湧き、もっと詳しく知りたいと思うでしょう。

9.「実は○○」

意外性を出すキーワードの代表でもあり、簡単にギャップを表現できる優れものです。
どんなギャップにも使えるので、使ってみてください。

例:「実は男性もやっている!?今話題の医療脱毛」

感情を揺さぶる

キャッチコピーの真髄は相手の感情を揺さぶることにあります。

ここまで紹介したキーワードもうまく使えば読み手の感情を揺さぶりますが、もっとザワザワさせたり、ドキドキ、ハラハラさせたいときに使えるキーワードを紹介します。

10.「手遅れ」

これから何かを始めようと思っている人にとって「手遅れ」は刺激の強いワードです。

しかし、だからこそ焦りを与えることができ、すぐ行動してもらえる可能性もあります。

例:「もう、手遅れかもしれない。だからこそ今スグに」

11.「私」

キャッチコピーに思い切って「私」という一人称を入れてしまうことで、読み手は自分の事として捉えやすくなり、共感してくれます。

josa0902_-_4.jpg

例:「なんで、私が東大に。京大に。医学部に」
引用元:予備校・塾・個別指導/大学受験なら四谷学院

企業のキャッチコピーを参考に

キャッチコピーが浮かばず困っているときは、様々な企業で使われているキャッチコピーを参考にしてみましょう。

日頃から目に止まったキャッチコピーをメモしたり、自分なりにアレンジしてみたりすることで発想力もついてきます。

また、ここで紹介したキーワードを参考にしたり、またはそのまま当てはめてみたりすることで新しい表現が閃くかもしれません。