キャッチコピーは、商品やサービスを売るために言葉で人の心を動かす手段です。

たった数文字の言葉が購入の決め手になったり、ブランディングに役立ったりと大きな影響を与えます。時にはキャッチコピーを勉強するための講座が開催されるほど、マーケティングでは重要視されています。

短い一文で表現するキャッチコピーですが、コピーライターが一番頭を悩ませる部分でもあります。

なかなか良い案やグッとくる言葉が思い浮かばず、何時間も考え続けているなんてこともよくあるのではないでしょうか。

そこで今回は、キャッチコピーに迷ったときに使えるお助けキーワードを11個、訴求パターン別に用意しました。

Webマーケティングのeラーニングサービス「ferret Learning」でデジタルに強い組織に

【無料トライアルあり】動画でSEOや狙うキーワードの探し方などを学ぶ!Webマーケター育成サービス「ferret Learning」

約300の動画授業でWebマーケティングスキルアップ!学習進捗管理や演習機能、理解度の見える化機能などの学習支援機能を多数搭載

新しさを主張する

トレンドの服や流行の場所を選ぶように、人はとにかく新しいもの好きです。

あなたの商品やサービスが「新しさ」や「最先端」に訴求ポイントがあるなら、これから紹介するキーワードは良いヒントになるはずです。

1.「 新常識」

「新しさ」の中に「あたかも当たり前」になりそうな要素が含まれるこのキーワードは、これからの時代のブームを作り出したいときにおすすめです。

「これからこの時代が来る」と予見するような言い回しで、ワクワクとした気持ちを煽ります。

例:「新常識!痩せるにはカロリーの質が大切だ」
引用元:東洋経済ONLINE 新常識!やせるには「カロリーの質」が大切だ

2.「基準を変える」

今まで普通だと思っていた基準も時代とともに変わりつつあります。

このキーワードは一般的だと言われている基準と比較することでより効力を発揮します。読み手がイメージしやすい基準と引き合わせてみましょう。

例:「オールインワンの基準を変える、洗うだけ美容液」