オウンドメディア制作に携わる中で、読者に読みやすい記事を届けるための「校正」や「校閲」のツールは不可欠です。特にライターや編集者は、日常的に活用している方も多いのではないでしょうか。

校正・校閲ツールは、記事の誤字や脱字、表記の揺れを発見できます。ただ、全ての誤りを見つけられるわけではないので、ツールに頼りすぎるのは危険です。

誤字をできる限りなくすためには、人の目で確認する作業も大切です。コツを掴めば、ある程度誤字脱字を減らすことができます。

今回は、校正・校閲の基本的な手法について解説します。

「校正」「校閲」は何が違う?

完成した文章をチェックするとき「校正」「校閲」という言葉を使います。この2つの言葉は「文章に間違いがないかチェックする」という意味では同じですが、それぞれチェックする内容が異なります。

校正とは:「文字の誤り」をチェックすること

校正とは、文字をチェックする作業を指します。チェックするものを「文章」ではなく「文字」として捉え、漢字や助詞の間違いなどの誤字脱字がないか確認します。

【具体例】

(誤)
feretは、Webマーケティングに携わる約36万人の会員が集う、国内最大級の実戦型Webマーケティングメディアです。

(正)
ferretは、Webマーケティングに携わる約36万人の会員が集う、国内最大級の実践型Webマーケティングメディアです。

校閲とは:「文章の誤り」をチェックすること

校閲とは、文章をチェックする作業を指します。慣用句や熟語の使い方が間違っていないかを確認します。文章全体の内容が矛盾していないか、事実と異なることを書いていないかも調査します。

【具体例】

(誤)
ferretは、Webマーケティングに携わる約36人の会員が集う、国内最高級の実践型Webマーケティングメディアです。

(正)
ferretは、Webマーケティングに携わる約36人の会員が集う、国内最大級の実践型Webマーケティングメディアです。

校正・校閲のポイント

前述したとおり、校正・校閲のためのツールは多数あります。ただ、ツールだけでは全ての間違いを発見することはできません。
ツールの利用に重ねて、人の目も加えた二重チェックを行うことをオススメします。

自分で校正・校閲を行う場合は、以下のステップを踏みましょう。

【1】執筆後、確認までタイムラグをつくる
【2】データは紙にプリントアウト
【3】項目ごとにチェックする
【4】文章を音読してみる
【5】他の人に二重チェックをしてもらう

【1】執筆後、チェックまでタイムラグをつくる

自分が執筆した文章をチェックする際は、時間を置いてから行うと効果的です。執筆直後は記憶が新しいままなので、チェックをしても執筆時と同じ見落としをしてしまう可能性があります。

夜完成したらチェックは朝にする、他の業務を挟んでからチェックに入るなど、文章を寝かせてから作業に入ることで、客観的な視点で見直しやすくなります。

【2】データは紙にプリントアウトする

パソコンで文章を執筆した場合は、紙にプリントアウトしてからチェックすることをオススメします。
パソコンのディスプレイと紙面では、見え方も変わります。特にパソコン上でスクロールしながらのチェックは、文字が追いづらく間違いを見落してしまう可能性が高くなります。