日本を代表する戦略PR専門家である本田哲也氏が、日本初となるPR戦略立案に特化したブティック「株式会社本田事務所」(東京都港区)を立ち上げました。

「Powered By PR~日本のPRには「戦略」が足りない。~」
というキャッチフレーズを冠した、同社の狙いとは。そしてこのタイミングで新たな道を切り拓くこととなった、本田氏の想いとは?

「世界でもっとも影響力のあるPRプロフェッショナル300人」(PRWeek誌)に選ばれたPRの専門家本田氏にPRに対する想いや、今後の展望について話を伺いました。

本田哲也氏プロフィール

世界的なアワード『PRWeek Awards 2015』にて「PR Professional of the Year」を受賞。セガの海外事業部を経て、1999年に世界最大規模のPR会社フライシュマン・ヒラードの日本法人に入社。

2006年、スピンオフのかたちでブルーカレント・ジャパンを設立し代表に就任。
P&G、花王、ユニリーバ、アディダス、サントリー、トヨタ、資生堂など国内外の企業との実績多数。また外務省のアドバイザーやJリーグのマーケティング委員などを歴任。海外での活動も多岐にわたり、世界最大の広告祭カンヌライオンズでは、公式スピーカーや審査員を務めている。

2019年より、株式会社本田事務所としての活動を開始。

<<書籍>>
2009年に「戦略PR 世の中を動かす新しい6つの法則」(アスキー新書)を上梓し、マーケティング業界にPRブームを巻き起こす。その他にも「その1人が30万人を動か 
す!」(東洋経済新報社)、「ソーシャルインフルエンス」(アスキーメディアワークス)、「最新 戦略PR 入門編、実践編」(KADOKAWA)、「広告やメディアで 
人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。」、「戦略PR 世の中を動かす新しい6つの法則」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)などがある。

今回独立した理由とは?

image2.jpg

ferret:
独立した背景を教えてください。

本田氏:
PRの専門家として今年で20年、『戦略PR 世の中を動かす新しい6つの法則』が出て、ちょうど10年が経ちました。

ここ20年で、だいぶ世の中にPRの理解も進んだと思います。第一ステージ終了ではないですけど、一定の成果はあったのかなと感じているところで、この節目のタイミングに株式会社本田事務所をつくりました。

ferret:
令和時代にもなりましたしね。

本田氏:
そうですね、たまたまなのですが(笑)。あと大きな理由はもう1点あります。PRの人の絶対数が足りていません。そこで株式会社本田事務所では当面正社員を増やさずに、フリーランスの方や副業で働ける方、既存のPR企業と連携して事業を進めて行くつもりです。既存のリソースを上手く繋げていく手法を取っていきたい、というのが今回独立した大きな理由の1つです。これまで行ってきた「PRをするべきです」という啓発はある程度、浸透したと思っています。今、直面している問題は「知らないから教えて」よりも、「やりたいのに人がいない」点だと感じています。

2019年の4月から本格稼働したのですが、代表の私と、サイバーエージェントの広報責任者である妻が取締役を務めています。すでにもうフリーランスのパートナーチームには、一緒に仕事をする人たちが10人ほどいます。中には株式会社本田事務所の名刺を持っている人もいるのですが、正直、クライアントからすれば、どちらでもいい話なのです。正社員だろうが何だろうが関係ありません、ベスト・チームができれば。