デジタル業界はほかの業界に比べて変化のスピードが早く、情報を素早くキャッチできるかどうかは業界で生き抜いていくための重要なスキルの一つと言えます。
特にWebデザイン界隈はトレンドの移り変わりが早く、Webデザイナーの方々は日々様々な方面から情報収集されているのではないでしょうか。

情報を素早く、多くキャッチしたいのであれば、英語力は強力な武器になります。
英語で書かれた一次情報を読めるようになると、翻訳記事を待つよりも情報の入手スピードが早くなります。

Webデザイナー向けのブログを書かれている方の中には、海外で活躍されている日本人も多くいらっしゃるので、「自分もいつかは世界中どこにいても働けるようになりたい」と思っているWebデザイナーも多いでしょう。

とはいえ、仕事の合間を塗って英語を勉強するのは、モチベーションが高くないとなかなか継続できません。

一番良いのは、業務や娯楽のついでに英語に触れる状態を作ることです。

今回は、Webデザイナーが押さえておきたい3つの英語学習Tipsをご紹介します。

1:英語のテック系ニュースを読む

まずは、Webデザイナーとしてのリーディング能力を高める方法をお伝えします。

最初にオススメしたいのが、英語のテック系ニュースを読むことです。
いきなり英語記事を読むのは敷居が高いかもしれませんが、macOSやiOSを使っている場合は、文字を選択するとOS付属の「辞書」を使って簡単に意味を調べることができるので便利です。
macOSでは単語を選択して右クリック、iOSでは単語を選択して長押しすることで、単語の意味や語法、発音やアクセント位置まで調べることができます。

辞書は引くのに2〜3秒程度でたどり着くことができます。
知らない意味の単語はどんどん調べていきましょう。

ただし、ここでは単語の意味を記憶するというよりは、知りたい情報をスキャニングして掴むことに重きを置いたほうがいいでしょう。
たった1語のために時間を使って結果的に挫折してしまうのであれば、読み飛ばしてでも大意を掴んでしまったほうが合理的です。

単語を忘れてしまっても、何度も辞書を引くのを繰り返しているとその単語が印象に残って、いつのまにか単語の意味を覚えてしまった、というのもよくあることです。

以下より、英語のテック系ニュースでオススメのメディアを4つご紹介します。

1.TechCrunch

1.png
スクリーンショット:2017年10月

TechCrunchはスマートフォンやパソコンなどの最新テクノロジーを紹介するテック系メディアです。
画像が多くて記事のイメージが湧きやすくなっています。
最近は動画も多くなったので、耳を鍛えることもできます。

2.Adobe Creative Cloud Design Blog

2.png
スクリーンショット:2017年10月

Adobe Creative Cloud Design Blogは、Adobe XDを中心に、UXUIなどのさまざまなアイデアを垣間見ることができます。
情報がかなり詳しく書かれているので、読み応えがあるでしょう。

3.Forbes Technology

3.png
スクリーンショット:2017年10月

Forbesのテック系カテゴリーのニュースも非常に参考になります。
アントレプレナーの名前や最新のスマートフォンなど、さまざまな最新ニュースはここでチェックしましょう。

4.Designmodo

4.png
スクリーンショット:2017年10月

DesignmodoはWebデザインに関するブログ記事を更新しているサイトです。
PhotoshopやIllustratorの素材、Webデザインのトレンドなどを、このブログで追いかけてみるといいでしょう。