ビジネスコミュニケーションに特化したチャットツールとして、現在269,000社以上の企業が導入しているのが「Chatwork(チャットワーク)」です。Chatworkには、チャット機能やファイル送信機能など、チャットのビジネス利用をスムーズに進めるための機能が充実しています。他にもタスク管理機能など、自分自身の業務効率化にもつながるものもあります。

今回は、Chatworkの基本的な機能について解説します。Chatworkで何ができるのか理解し、スムーズに使いこなせるようになりましょう。

目次

  1. Chatwork(チャットワーク)とは
  2. Chatwork(チャットワーク)のプラン
    1. セキュリティを強固にするならエンタープライズプランがおすすめ
  3. Chatwork(チャットワーク)とSlack(スラック)・LINE WORKS(ラインワークス)の違い
  4. Chatwork(チャットワーク)の強みはタスク管理機能
  5. Chatwork(チャットワーク)の登録方法
  6. Chatwork(チャットワーク)の使い方
  7. チャット機能
    1. マイチャット
    2. ダイレクトチャット
    3. グループチャット
  8. コンタクトの追加方法
    1. メールで招待する方法
    2. コンタクト承認依頼
  9. グループチャットの作成方法
  10. チャット機能の使い方
    1. メッセージ送信
    2. メッセージ編集
    3. メッセージ返信
    4. ファイル送信
    5. 引用
    6. タスク管理
  11. ショートカット一覧
  12. 記法一覧
  13. Chatwork(チャットワーク)と連携できるアプリ
  14. Chatwork(チャットワーク)はビジネスに特化したチャットツール

Chatwork(チャットワーク)とは

Chatwork_-_1.jpg
Chatwork

Chatworkとは、Chatwork株式会社が提供する、ビジネスコミュニケーションに特化したチャットツールです。

これまでオンラインでのコミュニケーションは、主にメールで行われてきました。しかし、メールには迷惑メール・誤送信などの問題や、メール作成から送受信までに時間がかかる問題などが生じます。

そこで、煩わしい問題を解消し、スムーズなコミュニケーションを実現するために、チャットツールであるChatworkが開発されました。スマートフォン版アプリもあり、外出中でも簡単に確認できる便利なツールとして、269,000社以上の企業に導入されています。

Chatworkにはテキストメッセージだけでなく、PDF・画像ファイル・ドキュメントなど、ビジネスシーンで利用するデータのほとんどをアップロードできます。それらのデータは保存できるため、クラウドストレージ代わりに利用するのも一手でしょう。

Chatwork(チャットワーク)のプラン

Chatworkには、「フリー」「パーソナル」「ビジネス」「エンタープライズ」の4つのプランがあります。プランによって機能に制限があるため、必要な機能に応じて選択しましょう。

機能 フリー パーソナル ビジネス エンタープライズ
料金(1ユーザーあたり) 無料 400円/月 500円/月 800円/月
グループチャット数 14 無制限 無制限 無制限
ビデオ通話 1対1 複数人で利用可 複数人で利用可 複数人で利用可
保存容量(1ユーザーあたり) 5GB 10GB 10GB 10GB
画像プレビュー
ログ検索
ユーザー管理
各種機能制限
ログエクスポート
シングルサインオン
SLA(サービス品質保証)
広告の非表示

引用:チャットワークプラン比較

セキュリティを強固にするならエンタープライズプランがおすすめ

無料でも十分高機能なChatworkですが、ビジネスで使うのであればセキュリティ面も気にしたいところです。セキュリティ機能がもっとも充実しているのは「エンタープライズプラン」。社外ユーザーや端末制限などの各種機能制限に加え、組織内のユーザーが参加しているすべてのチャット内容(未参加グループやDMなど)を管理人が閲覧できる「チャットログ・エクスポート機能」も搭載されています。

大企業に利用されているイメージがあるエンタープライズプランですが、最小人数は5人から使用可能です。小規模な企業でも活用できますので検討してみましょう。

Chatwork(チャットワーク)とSlack(スラック)・LINE WORKS(ラインワークス)の違い

チャットツールはChatworkだけではありません。SlackやLINE WORKSなど、国内でよく利用されているチャットツールは他にもあります。

他のチャットツールと比べると、Chatworkにはどのような特徴があるのでしょうか。

Chatwork(チャットワーク)の強みはタスク管理機能

どのチャットツールも、社内の人々とチャットでスピーディーなやり取りができる、という面では変わりありません。しかし、細かな機能に違いがあります。中でもChatworkが優れている機能が「タスク管理機能」です。

参考:タスクを管理する – サポート | Chatwork

Chatworkでは、チャット画面に表示されている「タスク管理アイコン」をクリックするだけで、自身のタスクを確認できます。他のチャットツールもタスク管理アプリと連携できますが、Chatworkの場合は、チャットを確認しながらタスクを登録したり、確認したりできるのがメリットです。

下記記事では、Chatwork、Slack、LINE WORKSの違いについて詳しく解説していますので、併せてご覧ください。

参考:【Chatwork、Slack、LINE WORKS】注目のビジネスチャットの機能を比較!

Chatwork(チャットワーク)の登録方法

Chatworkの登録方法
TOPページ上部の「新規登録」ボタンをクリックします。

Chatworkの登録方法
メールアドレスを入力し、「次へ進む」ボタンをクリックします。

Chatworkの登録方法
登録したメールアドレス宛に「【チャットワーク】アカウント発行手続きのご案内」というタイトルのメールが届きます。本文の「アカウント登録」ボタンをクリックしましょう。

Chatworkの登録方法
まず、「事業形態」を選択します。この事業形態によって入力項目が変わるため、最初に選択しましょう。その後、「名前」「パスワード」「業種」「利用予定人数」を入力します。「私はロボットではありません」にチェックをつけ、利用規約とプライバシーポリシーを確認し、問題がなければ「同意して始める」をクリックします。

Chatworkの登録方法
これで登録は完了です。他のユーザーを招待する画面が表示されますが、これは後からでも追加できます。追加の必要がなければ、「スキップして始める」をクリックします。

Chatwork(チャットワーク)の使い方

チャット機能

Chatworkのチャット機能は、FacebookなどのSNSメッセンジャーに似ています。

  1. マイチャット:自分だけが閲覧できるチャット
  2. ダイレクトチャット:他ユーザーと1対1で会話できるチャット
  3. グループチャット:複数ユーザーで会話できるチャット

上記の3つの機能を、目的に応じて使い分けましょう。

1.マイチャット

Chatwork_-_マイチャット
マイチャットは、自分専用のチャットです。閲覧できるのは自分だけなので、ちょっとしたメモや、作りかけのメッセージ・ファイルの一時保存にも使えます。また、後述する「タスク管理機能」をこのチャットで利用すれば、自分だけのタスク管理ができます。

2.ダイレクトチャット

Chatwork_-_ダイレクトチャット
ダイレクトチャットは、他のユーザーと1対1で会話できるチャットです。チャットしたいユーザーは後述する「コンタクト追加」機能で追加します。追加したユーザーは画面左側に一覧表示されており、ダイレクトチャットをしたいユーザーをクリックするとチャット画面が開いて会話できるようになります。

3.グループチャット

Chatwork_-_グループチャット
グループチャットは、3名以上のユーザーで会話できるチャットです。フリープラン(無料)を利用している場合は、最大で14のグループチャットを作成できます。

コンタクトの追加方法

Chatworkでユーザーとチャットするには、まず「コンタクト追加」をしなければいけません。コンタクト追加は、メールで招待する方法ユーザーを検索してコンタクト承認を依頼する方法の2種類があります。

Chatwork_-_コンタクトの追加方法
チャット画面左上の「+(プラス)」アイコンから、「コンタクトを追加」をクリックします。

1.メールで招待する方法

Chatwork_-_メールで招待する方法
メールで招待する場合は、「メールで招待」タブを開きます。招待したいユーザーのメールアドレスとメッセージ(任意)を入力し、「招待メールを送信」ボタンをクリックします。

2.コンタクト承認依頼

Chatwork_-_コンタクト承認依頼
既にChatworkに登録しているユーザーを追加したい場合は、「ユーザーを検索」タブを開きます。「(Chatworkに登録している)名前」「チャットワークID」「メールアドレス」のどれかで検索してみましょう。

Chatwork_-_コンタクト承認依頼
追加したいユーザー検索結果に表示されたら、「コンタクト追加」ボタンをクリックします。

Chatwork_-_コンタクト承認依頼
相手のユーザーがコンタクト追加を承認すると、チャット画面の左側にそのユーザー名が表示されます。

グループチャットの作成方法

Chatwork_-_グループチャットの作成方法
チャット画面左上の「+(プラス)」アイコンから、「グループチャットを新規作成」をクリックします。

Chatwork_-_グループチャットの作成方法
チャット名」「概要」「グループチャットのアイコン」を入力・変更し、追加したいユーザーにチェックをつけます。下部の「作成」ボタンをクリックすれば完了です。

チャット機能の使い方

Chatworkの基本的な機能であるチャット機能の使い方を解説します。

1.メッセージ送信

Chatwork_-_チャット機能の使い方
チャット画面の一番下にある「ここにメッセージ内容を入力」と書かれている欄にメッセージを入力し、送信できます。

Chatwork_-_チャット機能の使い方
グループチャット内などメッセージの宛先を指名したい場合は、メッセージ入力欄の上部にある「TO」アイコンをクリックし、宛先を選択します。

Chatwork_-_チャット機能の使い方
ユーザーを選択すると、メッセージ入力欄に上記画像のような数字と宛名が挿入されます。その下にメッセージを入力し、「送信」をクリックすれば完了です。

2.メッセージ編集

送信後のメッセージは編集できます。

Chatwork_-_メッセージ編集
送信したメッセージにカーソルを合わせると、メッセージの下にメニューバーが表示されます。「編集」をクリックすると、送信したメッセージを編集できます。また、メニューバーの一番右端にある「・・・」のアイコンをクリックし「削除」を選択すると、メッセージを削除できます。

3.メッセージ返信

Chatwork_-_メッセージ返信
返信したいメッセージにカーソルを合わせると、メッセージの下にメニューバーが表示されます。「返信」をクリックすると、メッセージ入力欄に上記画像のような数字と宛名が挿入されます。その下に返信したいメッセージを入力し、「送信」しましょう。

Chatwork_-_メッセージ返信
ちなみに、返信メッセージに表示される「RE」のアイコンをクリックすると、返信元のメッセージを確認できます。

4.ファイル送信

Chatwork_-_ファイル送信
ファイルを送信したい場合は、メッセージ入力欄のクリップアイコンをクリックし、送信したいファイルを選択します。もしくは、ファイルを画面内にドラッグ&ドロップすることでも可能です。

5.引用

Chatwork_-_引用
どのメッセージに対しての返信か分かりやすくするために、過去のメッセージを引用できます。引用したいメッセージにカーソルを合わせ、「引用」をクリックすると、メッセージ入力欄に引用文が挿入されます。

Chatwork_-_引用
引用文を送信すると、チャット画面では上記画像のように表示されます。

6.タスク管理

Chatwork_-_タスク管理
チャット画面右側で「タスク」を登録できます。「タスク内容」「担当」「期限」を設定しましょう。最後に「タスクを追加」をクリックすると完了です。

Chatwork_-_タスク管理
チャット内のメッセージをそのままタスク化することも可能です。メッセージにカーソルを合わせ、「タスク」をクリックすると、画面右側のタスク内容入力欄に引用文が挿入されます。「担当」と「期限」を決めて「タスクを追加」で完了です。

Chatwork_-_タスク管理
タスクを追加」すると、チャット画面に上記画像のように表示されます。タスクが完了したら、画面右の「完了」ボタンを押すと削除できます。

ショートカット一覧

Chatworkで使える便利なショートカットキーをご紹介します。カスタマイズはできません。

ショートカットキー 操作内容
[ ↑ ] キー または、[ k ] キー 一つ上のチャットを選択
[ ↓ ] キー または、[ j ] キー 一つ下のチャットを選択
[ Enter ] キー 現在選択されているチャットを開く
[ Ctrl ] キー + [ ← ] キー 左カラムを閉じる、または開く
[ Ctrl ] キー + [ → ] キー 右カラムを閉じる、または開く
[ g ] キー グループチャットを作成
[ ESC ] キー メッセージ入力欄に入っているカーソルをキャンセル
[ m ] キー メッセージ入力欄にカーソル移動
[ tab ] キー 送信ボタンにフォーカス
[ t ] キー タスク入力欄にカーソル移動
[ c ] キー コンタクトを追加
[ f ] キー チャット名検索にカーソル移動

引用:ショートカットキーを使用する|Chatwork

記法一覧

Chatworkの「メッセージ」「タスク」「概要」の入力欄で使える記法一覧です。

役割 タグ 説明
To [To:{account_id}] 特定の相手にメッセージを送信
返信 [返信 aid={account_id} to={room_id}-{message_id}]または[rp aid={account_id} to={room_id}-{message_id}] 特定のメッセージに対する返信
引用 [引用][qtmeta aid={account_id} time={timestamp}]...[/引用]または[qt][qtmeta aid={account_id} time={timestamp}]...[/qt] 特定の文章を引用として表示。time={timestamp}は省略可
インフォメーション [info]...[/info] メッセージを枠線で囲い、特別なメッセージであることを表現
インフォメーション+タイトル [info][title]...[/title]...[/info] インフォメーションにタイトルを追加
罫線 [hr] メッセージ内を罫線で区切る
アイコン表示 [picon:{account_id}] 特定アカウントのプロフィールアイコンを表示
アイコンと名前表示 [piconname:{account_id}] 特定アカウントのプロフィールアイコンと名前を表示
文字列指定 [code]...[/code] エモーティコンへの変換など無効化

参考:投稿に装飾はできますか?|Chatwork

Chatwork(チャットワーク)と連携できるアプリ

チャットワークでは、他のアプリと連携して通知を受け取ったり応答したりできる機能があります。連携できるアプリを一部紹介します。

  • Backlog
  • formrun
  • Gmail
  • Googleカレンダー
  • マネーフォワード クラウド経費
  • RECEPTIONIST
  • SmartHR
  • Twitter
  • Zoom

他にも様々なアプリと連携が可能です。詳しい連携の方法については、公式ページを参考にしてください

参考:サービス連携ガイド | ビジネスチャットならChatwork

オンライン商談からCRMまで!Chatworkに連携できるサービス5選

オンライン商談からCRMまで!Chatworkに連携できるサービス5選

ビジネスの現場で人気のコミュニケーションツール「Chatwork」。メンバー間でのコミュニケーションが取りやすく、業務の円滑化に役立ちます。しかし、実はChatworkは他のサービスと連携することで、さらに威力を発揮します。この記事では、Chatworkと連携できる営業・マーケティング支援サービスを紹介します。

Chatwork(チャットワーク)はビジネスに特化したチャットツール

メールほど固い定型文を入れる必要もなく、一般的なチャットツールほど軽い印象を与えるものでもないため、使いやすいツールであるといえるでしょう。

無料版でも十分な機能が揃っているため、まずは試しに登録してみてはいかがでしょうか。

もっとChatwork(チャットワーク)を知る

Chatwork(チャットワーク)をもっと効率的に使いこなそう!中〜上級者向けの活用術9選

Chatwork(チャットワーク)をもっと効率的に使いこなそう!中〜上級者向けの活用術9選

多くビジネスコミュニケーションに利用されているChatwork(チャットワーク)ですが、チャットによるメッセージやファイルの送信といった使い方に留まっている人も多いのではないでしょうか。実はChatworkには、便利な機能がいくつもあり、使いこなすことでビジネスをさらに効率よく進められるのです。テキストのグループチャットだけでも十分役立つツールですので、なかなか応用テクニックを知る機会に恵まれないかもしれません。この記事をご覧いただけば、ビデオチャットや画面共有といったメッセージベースのチャットから一歩進んだ使い方を理解できます。あわせて、実践的な小技をいくつか紹介しますので、ぜひお役立てくだ

Chatwork(チャットワーク)の便利機能10選とショートカットキー13選

Chatwork(チャットワーク)の便利機能10選とショートカットキー13選

今回は、ビジネスチャットツールChatwork(チャットワーク)の基本知識から意外に使われていない機能、ショートカットキーまでをご紹介します。 チャットワークをもっと便利に使いたい方は、ぜひ目をとおしてみてください。