株式会社ヌーラボが行なった「社内のコミュニケーションに関するアンケート調査」によると、社内コミュニケーションのために使いたい手法は「ビジネチャットツール」が49.1%と最も多い割合を獲得しています。ビジネスチャットを選択した理由は、「履歴が残る」、「気軽にやりとりができる」といったチャットの特徴を評価しているものが目立ちました。

Twitter広告ならこの資料をチェック!

Twitter広告ならこの資料をチェック!

広告のプロが解説する『Twitter広告はじめてガイド』をダウンロード

一方、「社内コミュニケーションに最も利用したくない手法はどれですか?」という問いに対しては、「電話」が35.9%と最多です。次いで、「メール」、「LINEなどのチャットツール」という回答でしたが、ここでいう「LINEなどのチャットツール」は個人で利用するものを指し、ビジネスとプライベートの混在を懸念している声などがあります。

参考:
株式会社ヌーラボ「社内のコミュニケーションに関するアンケート調査」

このような背景もあり、ビジネスチャットにかかる期待は大きく、今後も活用する企業が増加しそうです。今回はビジネスチャットにスポットをあて、各サービスの中でも注目を集めている「Chatwork」「Slack」「LINE WORK」をピックアップして比較します。

※記事で紹介しているサービス内容・料金等は記事執筆時点のものです。最新情報に関しては各サービスページでご確認ください。

ビジネスチャットとは

ビジネスチャットとはビジネス用のコミュニケーションツールです。1対1のチャットだけではなく、グループチャットやファイル共有、タスク管理など、ビジネスに必要な様々な機能を搭載しています。

メッセージによるコミュニケーションだけではなく、音声通話やビデオ通話も可能であり、コミュニケーションの柔軟さも魅力です。インターネット回線を利用して通信をするので、電話料金はかかりません。ビデオチャットを使用して、全国にある支店と会議が簡単できます。

チャットボット運用で押さえておきたいポイントは?

チャットボット運用で押さえておきたいポイントは?

業界別導入事例に学ぶ成功のポイントを資料でチェック

1つのツールで多彩なコミュニケーションを実現し、電子メールよりも手軽に利用できるビジネスチャットは、ビジネス版SNSのような位置付けです。プライベートで使用するSNSとは異なり、限られた相手との通信に限った用途で使用するため、第三者の不正利用のリスクが少ない状態で安心してコミュニケーションができます。

ビジネスのコミュニケーションツールは電子メールからビジネスチャットに移行しており、利用している企業は増加しています。