かっこ株式会社と東京コピーライターズクラブが共同で「広告コピービッグデータ解析」に取り組んだ。2019年TCC賞選考の広告コピーを対象に自然言語解析を実施。その中で使用頻度や2018年と比較して増加率の高い言葉とともに複合・編集し、「マッシュアップコピー」を作成した。

2018年と比較し、急上昇頻出単語の抽出

名詞

57d2f383e9a5f0278301fedfc8f908ea.png出典:かっこ株式会社

動詞

70b72ae4e5547e8fce35f4fc4aed847a.png出典:かっこ株式会社

形容詞

f9e212e77e82553af194eeab09b3a838.png出典:かっこ株式会社

副詞

3f2b44977d570f1f60e0a4317f4aff32.png出典:かっこ株式会社

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

マッシュアップコピーの構成

32352afa5b0854e64f875769dc023218.png出典:かっこ株式会社

出現頻度の高い3〜10単語数のコピーの内、「名詞」「動詞」「形容詞」「副詞」から3つ以上の品詞を含むコピーの構造を確認。最も出現頻度の高かった以下の構造を採用した。

最も多く見られる広告コピーは3〜10単語
最も多く見られる文章構造は『副詞-名詞-助詞-動詞-助動詞-記号』

それに加え、急上昇頻出単語から、増加率が高く意味の通じる言葉を組み合わせたところ、2019年の世相を象徴する広告コピーとして、「さらに平成と向き合います。」という一文が完成した。

スクリーンショット 2019-11-18 14.33.17.png

*詳しくはこちらをご覧ください
広告コピービッグデータ解析2019

・経年で頻出語の出現傾向を比較
 TCC賞の選考対象となった2018年の広告コピー全6,958件
 TCC賞の選考対象となった2019年の広告コピー全6,797件

・急上昇頻出単語の抽出
 全てのコピーを単語に分割したのち、単語ごとに品詞を分類
 同一企業による広告の大量出稿による影響を抑えるため、同一企業の広告による単語は全て1カウントとした
 名詞、動詞、形容詞、副詞の4つの品詞について、2018年の出現数が5以上の単語について、2018年の結果と比較して増加数が10以上かつ、増加率が1.5倍以上のものを急上昇頻出単語として抽出した
  ※2018年に5語以上見られたものに大して計算したため、増加率の計算ができないものはなかった