エシカルという言葉をご存知でしょうか。エシカルは私たちが生きていく上で守るべき概念として注目を集めています。これからの社会をより良くするために必要なエシカルがどういうものなのか理解することで、毎日の生活を豊かな気持ちで過ごるでしょう。また、人々がこれから向かうべきマインドの理解はマーケティングにおいても参考になるものです。

今回は、エシカル消費やエシカルデザインといった、話題のエシカルについてご説明します。

エシカルとは

エシカルとは、日本語では「倫理的」という意味です。つまり、社会で生活するうえで守るべき秩序を指します。エシカルをコンセプトとして考える生活は、地球や社会との調和を大切にしたものです。エシカルを念頭に置かない生活は、利己的な発想を優先してしまい、安心して暮らせる毎日が遠のいてしまいかねません。環境を大切にし、人を思いやる気持ちを持って、平和な生活を持続させられるマインドが必要とされているのです。

世の中で発生している問題の中のたった一つかもしれませんが、誰かが意識するエシカルによって良い方向に進む可能性があります。エシカルこそ、物やお金による豊かさではなく、心の豊かさが未来を育む人間らしいスタンスと言えるのではないでしょうか。

エシカル消費とは

エシカル消費とは、自分の欲求のみによる消費ではなく、消費することが世の中にどのような影響を与えるかを倫理的に考える消費のことです。環境への影響、人間への影響、社会への影響など、何のために役立っているのか意識します。エシカル消費として世の中に貢献できる商品を製造する会社など、社会的な課題の解決に関わる商品の購入などに消費活動を充てるのもエシカル消費の一つの形です。

日本では2015年5月から2年間、「倫理的消費」調査研究会を開催し、エシカル消費の普及に向けて調査や議論を行っていました。全国の様々な地域でエシカル消費に関する取り組みが拡大しています。「エシカル・ラボ」というシンポジウムでは、エシカル消費の概念はもちろんのこと、啓蒙活動の促進など積極的に情報を発信しているのです。各都道府県から「エシカル宣言」が発表されるなど、エシカル消費は、各地の課題を解決し未来を育む社会貢献性の高い消費行動としても注目されています。

エシカル消費の事例

さて、具体的にどのような消費を「エシカル消費」と言うのでしょうか。いくつか事例をピックアップしました。

1)エコバッグを利用する

エコバッグの利用はレジ袋の削減につながります。レジ袋は埋め立て処分により有害物質の排出につながるケースや、海に流れてしまい海の生物に害を与えてしまうケースもあり、できるだけ使用を抑えたいものです。エコバッグの購入して日々利用するのはエシカル消費と言えるでしょう。

2)農水産物などの地産地消

地域への貢献として、自分の生活エリア内の農産物や水産物などの購入する地産地消も一つの例でしょう。地元経済の活性化のために貢献しています。

3)被災地を応援する消費

東日本大震災の発生時には、東北の農産物や水産物を購入して応援するという動きが多くなりました。これは被災地の人を応援したいという想いからの消費活動であり、まさにエシカル消費の事例と言えるでしょう。

4)障害者支援となる消費

障がいのある人が作った商品は、全国の様々な地域で販売されています。雑貨や食品などジャンルは多岐に渡ります。これらの商品の購入もエシカル消費の一つでしょう。

5)フェアトレード製品の購入

フェアトレードは、適正な値付けが行われた取引のことです。フェアトレードが行われることで、発展途上国の生産者や労働者が適切な収入を得られるようになり、生活の改善につながります。フェアトレード製品の購入は、生産者や労働者の支援につながるでしょう。

エシカルデザインとは

エシカルデザインとは「倫理的」というコンセプトを持つデザインです。エシカルデザインにより作られた製品は、社会や地球環境などに貢献するものであり、エシカル消費をマインドに持つ消費者に支持されるでしょう。

エシカルデザインの事例

エシカルデザインの事例をご紹介します。

1)SCOOデザイン

15_ethical_1.png
画像引用:SCOOデザイン

オーガニックコットンを使った製品のOEMメーカーである株式会社フェアトレードコットンイニシアティブが提供する「SCOOデザイン」は、エシカルデザインを自分で作り上げられるサービスです。国際認証を取得したフェアトレード&オーガニックにデザインを施したオリジナルグッズを手に入れられます。エシカルな消費者の心に響くサービスです。

2)Sheソープ

15_ethical_2.png
画像引用:She with Shapla Neer

バングラデシュとネパールで、過酷な生活をしている女性たちに焦点を当てたフェアトレードプロジェクト「She with Shapla Neer」のもと作られているアーユルヴェーダソープです。Sheソープは、彼女たちの支援にもつながるエシカルデザインプロダクトと言えるでしょう。

3)TSUTAFU(ツタウ)

15_ethical_3.png
画像引用:TSUTAFU

株式会社山櫻がTSUTAFU(ツタウ)で提供する名刺作成サービスは、エシカルデザインを選択できるユニークなものです。アフリカの貧困層の雇用と人々の自立の支援につながるバナナペーパーや、東北の復興支援に役立つ東北コットンなど、名刺に使う原料を通じて貢献できます。単にエシカルな素材を選ぶだけではなく、素材のデザイン性がオリジナリティを感じさせるエシカルデザインの魅力が溢れています。

企業が考えるべきエシカル

エシカルは、思いやりの心を日々の生活に定着させる大切な考え方です。企業はエシカルデザインなど、人々のエシカル消費が自然にできる形をサポートする役割として期待されるでしょう。

マーケティングの面から考えて、消費者が何において「エシカル」というフラグが存在すると買いやすくなるのか、購入する意義を感じやすくなるのかを熟慮したいところです。販売する商品はもちろん、商品の伝え方など、エシカルを消費者に伝える工夫も求められる機会が増えそうです。

新たなマーケティング事例を知る

ポップアップストアの進化論。ヒットの共通点は「アイデア」と「新奇性」

ポップアップストアの進化論。ヒットの共通点は「アイデア」と「新奇性」

PR TIMES 編集部・PR プランナーの渡邉です。これからferretで、PR TIMES 編集部のメンバーがそれぞれの視点でPRの事例やデジタルマーケティングについてお話したいと思います。ferret読者のみなさんには、PR TIMESのメンバーをより身近に感じていただければ幸いです。

企業やブランドの情報発信に変化。「働く」価値観の変化からみるメッセージの現在地

企業やブランドの情報発信に変化。「働く」価値観の変化からみるメッセージの現在地

11月23日は勤労感謝の日。2019年最後の祝日です。勤労感謝の日が生まれた当時と、私の父が働いていた時代と、そして今とでは「働く」ことへの考え方や価値観が変化しているからこそ、企業・ブランドの発信も一方向ではない広がりを見せています。今回は企業・ブランドが働き方に関して、その背景や過程を丁寧に発信することで認知・理解を生み、SNSで共感の声などがあがっている事例を紹介します。