株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査 (2019年6月度)を実施。
調査の結果、特に若年層において、ファッションやレジャースポット、グルメに関する情報収集にInstagram(インスタグラム)を利用していることがわかりました。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

ファッションの情報源として、Instagram(インスタグラム)がGoogle(グーグル)を抜く

ファッション.png出典:株式会社ジャストシステム

スマートフォンで流行のファッション情報を調べる人のうち、情報源としてInstagramを利用する人が最も多く(29.4%)、次いでGoogle(28.3%)でした。2016年5月度調査では、ファッションの情報源として最も利用率が高かったのはGoogle(39.8%)、次いでInstagram(17.1%)だったので、ここ3年の間にInstagramが大きく利用率を伸ばしたことがわかります。

ファッション2.png出典:株式会社ジャストシステム

年代別に見ると、若年層ほどInstagramの利用率が高く、10代(52.9%)、20代(39.3%)、30代(28.9%)、40代(16.5%)、50代(13.2%)、60代(8.0%)でした。※

※「この情報は探さない」を除外した数値を母数として再集計。

SNS映えするレジャースポット、10代、20代はInstagram(インスタグラム)で検索

レジャー1.png出典:株式会社ジャストシステム

スマートフォンでSNSのネタになるようなレジャースポットを探す人のうち、Googleで調べる人は34.9%で、2016年5月度調査(48.1%)から減少しました。一方、Instagramで調べる人は19.3%で、2016年5月度調査(5.7%)と比較すると3倍以上増加しました。

レジャー2.png出典:株式会社ジャストシステム

年代別で見ると、10代と20代はInstagramで調べる人が最も多く(10代:30.8%、20代:29.0%)、30代以降はGoogleで調べる人が最も多いことがわかりました(30代:37.9%、40代:40.9%、50代:52.2%、60代:36.1%)。※

※「この情報は探さない」を除外した数値を母数として再集計。

10代、20代女性はInstagram(インスタグラム)でグルメ情報を収集

グルメ1.png出典:株式会社ジャストシステム
スマートフォンで今話題のグルメスポットを探す人のうち、googleで調べる人は43.0%で2016年5月度調査(50.6%)から減少しました。一方で、Instagramで調べる人は16.5%で2016年度5月度調査(5.8%)と比較すると3倍近く増加したことがわかります。

グルメ2.png出典:株式会社ジャストシステム

特に10代、20代の女性は「今話題のグルメスポット」(10代:53.3%、20代:27.7%)、「人に自慢したくなるようなグルメスポット」(10代:40.0%、20代:31.9%)、「SNSのネタになるようなグルメスポット」(10代:44.4%、26.6%)の項目においてInstagramを最も利用していることがわかりました。※

※「この情報は探さない」を除外した数値を母数として再集計。

*その他の調査結果はこちらはこちら
ファッションの情報源として、「インスタ」が「Google」を抜く

調査期間:2019年6月24日(月)~6月29日(土)
調査対象:Fastaskのモニタのうち、17歳~69歳の男女1,100名
調査方法:セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート調査

若者のInstagram(インスタグラム)利用について知る

10~20代の約60%がInstagramをきっかけに購入。投稿内容は全年代で「商品特性がわかるもの」が70%以上と重要視

10~20代の約60%がInstagramをきっかけに購入。投稿内容は全年代で「商品特性がわかるもの」が70%以上と重要視

株式会社Macbee PlanetがSNSを活用したマーケティングに関して、10~60代の男女500人を対象に意識調査を実施。回答から見えてきたのは、SNSマーケティングは年代による使い分けとSNSにあった情報発信が重要、ということでした。

【調査データ】SHIBUYA109が調査!around20の82.9%はInstagramで情報収集

【調査データ】SHIBUYA109が調査!around20の82.9%はInstagramで情報収集

around20のInstagramにおけるハッシュタグ検索の実態を明らかにすることを目的に、SHIBUYA109エンタテイメントがソーシャルロケーションサービス「MachiTag」を運営するジギョナリーカンパニーと共同調査を実施。調査で見えてきたのは、リアルなハッシュタグ検索でした。