この記事で学べること

・キャッチコピーの重要性
・よりよいキャッチコピーの作り方
・キャッチコピーの参考例

ネットショップにおいて、キャッチコピーはとても有効な力を持ちます。
それこそ商品名よりもキャッチコピーのほうが重要とまで言えるかもしれません。

キャッチコピーには簡潔にその商品の魅力や買う理由を伝える力があり、他のサイトからアクセスしてきた見込み顧客に対して、素早く情報を知ってもらうことができるからです。

いくら素晴らしい商品を販売していても、訪問してくれたお客様に興味をもってもらえなければ、決してその商品を購入してもらえることはありません。
興味を持ってもらうためには写真が大切なのはもちろんのこと、情報として頭に入ってきやすい、キャッチコピーが大きな力を発揮します。

仮に、ショップへ訪れた100人中10人にしかイチ押しの商品が見てもらえない場合でも、キャッチコピーを最適化することでそれを30人に増やすことも不可能ではありません。キャッチコピーが活き活きとしていれば、そのネットショップの魅力も大きく増し売上も増えることでしょう。

今回は、キャッチコピーを考える際に参考になるポイントをご紹介します。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

アピールすべき商品のポイントとそのターゲットを明確にする

altアピールポイントとターゲット

お客様にキャッチコピーを読んでもらい、商品の魅力を伝えるためには、その商品の最も優れているポイント=アピールポイントを的確に説明する必要があります。
これは商品のターゲットによっても変わってきますので、その商品のターゲットにはどのようなアピールが最も響くのかを考える必要があります。

例えば、「女性」がターゲットであっても、20代と50代では魅力に感じるポイントが大きく変わってきます。
アピールしたいポイントが複数ある場合でも、ターゲットにとって何が一番響きやすいのかを考えるようにしましょう。

品質、価格、利便性の3つの軸からアピールポイントを考える

altアピールポイント3つ軸

商品の品質面をアピールする際のキーワード

安全性・信頼感 天然成分、無添加、自然の中で生まれた
伝統 職人が作る、1000年受け継がれた手法
流行 人気ランキング1位、巷で話題の
権威 あの人も使っている、ブランド発
癒し ストレス解消、自分にご褒美

商品の価格面をアピールする際のキーワード

低価格 安い、量の割に安い
合理性 無名だけど高品質、訳アリ、アウトレット

商品の利便面をアピールする際のキーワード

簡易性 お母さんむけ、誰でもできる
利便性 短納期、品揃え、低額でも送料無料
専門性 ○○用品なら何でも揃う店
投資 自分磨き、キャリアアップ、資格
法人 法人用途に使える

具体的なメッセージでキャッチコピーを考えよう

alt具体的なキャッチコピー

キャッチコピーを考える際に気をつけて欲しいのが、「抽象的な言葉を使わない」ということです。
インターネットで商品を探しているお客様はサイトにアクセスしても、少しでも興味がない、もしくはわからないと感じたらすぐに離脱してしまうことからも一瞬で情報を伝える必要があります。
そのために具体的な言葉をキャッチコピーに入れ込むことが大切であり、キャッチコピーの内容から商品を具体的にイメージしてもらうことでお客様が興味を持つ確率が高まります。

以下がキャッチコピーの例です。

Aのキャッチコピー:白金の人気パティシエが厳選した5つの素材で焼き上げた、有機野菜のパウンドケーキ

Bのキャッチコピー:選りすぐりの素材で、焼き上げたパウンドケーキ

上記、AとBを見比べても、具体的な情報を入れ込んでいるAのほうが魅力的に映るのではないでしょうか。
ターゲットとなる顧客が興味を持ちそうな情報を洗い出し、キャッチコピーに盛りこんでみるよう工夫をしましょう。
TOPページにそのキャッチコピーを掲載することで、商品ページへのアクセス数が大きく変わることに驚くことでしょう。

まとめ

以上、キャッチコピーを考える際に参考とすべきポイントをご紹介しました。
ターゲットのことを徹底的に研究しながら、お客様に刺さるキャッチコピーを出来る限り考えてみましょう。

キャッチコピーはその名の通り、文章ですので簡単に変更をすることができます。
毎週、毎月、様々なキャッチコピーをテストしていきながら最も購入率の高い、もしくはアクセス数の高い効果的なキャッチコピーを見つけていきましょう。

また、商品タイトルキャッチコピーを入れこめば、検索結果キャッチコピーが表示される形となりますので、検索エンジン対策を考える上でも効果的な施策と言えます。
ターゲット、アピールポイント、具体性を意識しながら、まずはできるだけ多くのキャッチコピーを考えてみましょう。

ここがポイント

・キャッチコピーをよりよいものにするだけで大幅な効果を得られる
・キャッチコピーを考える際は、ターゲットを明確にすることが大切
・質より量、まずはできるだけ多くのキャッチコピーを出しテストしていく