Googleは、Google検索で良いページ体験を届けるための4つのシグナルを発表した。

参照▶︎Page experience signals

ページ体験のシグナル

モバイルフレンドリー

ページがモバイルフレンドリーであること。ページがモバイルフレンドリーであるかどうかは、モバイルフレンドリーテストで確認できる。

参照▶︎モバイルフレンドリーテスト

セーフブラウジング

悪意のあるコンテンツや欺瞞的なコンテンツが含まれていないこと。ページが安全に閲覧できるかどうかは、「セキュリティの問題」レポートで確認できる。

参照▶︎[セキュリティの問題] レポート

HTTPS

ページHTTPSで提供されていること。ページHTTPSで提供されていない場合は、HTTPSでサイトを保護する方法を確認。

参照▶︎HTTPS でサイトを保護する

邪魔なインタースティシャルがない

ページ内のコンテンツユーザーにとってアクセスしやすいものになっていること。インタースティシャルでコンテンツにアクセスしにくくする方法は以下を参照。

参照▶︎Helping users easily access content on mobile

Google検索の指標を知る

Google、検索ランキングの指標の変更を発表、導入予定は2021年以降

Google、検索ランキングの指標の変更を発表、導入予定は2021年以降

Googleは2020年5月28日、検索ランキングの指標の変更を発表した。Core Web Vitalsと既存のシグナルを組み合わせるという。

GoogleのUX指標「Core Web Vitals(コアウェブバイタル)」とは?LCP・FID・CLSを解説

GoogleのUX指標「Core Web Vitals(コアウェブバイタル)」とは?LCP・FID・CLSを解説

Googleは2020年5月28日、検索ランキングの指標を「Core Web Vitals(コアウェブバイタル)」と既存のシグナルを組み合わせると発表した。今回はCore Web Vitalsを構成する3つの指標、LCP・FID・CLSについて解説していく。