「商談までの移動中、顧客から電話がきてとっさにとったメモをどこかになくしてしまった…」

毎日忙しく働いている営業職の方、一度はこんな経験をしたことがあるのではないでしょうか。ポケットの中の小さなメモ帳、資料データを持ち運んでいるタブレット、交通手段を確認するスマートフォンなど、いろいろなところにメモを残していると、どこに何を書き残したか分からなくなってしまうことは少なくありません。

そんなトラブルを解消できるメモアプリが、「Google Keep」です。「Google Keep」は、音声入力によるメモ作成、日時や場所を指定してのリマインダー機能など、業務を効率化できる機能が揃っています。

今回は、メモアプリGoogle Keep」の機能と使い方を解説します。お気に入りのメモアプリが見つかっていない方は、ぜひ参考にしてください。

目次

  1. Google Keep(グーグルキープ)とは
  2. Google Keep(グーグルキープ)の使い方
    1. メモ機能
    2. 写真機能
    3. リマインダー機能
    4. 共有機能
    5. アーカイブ機能
  3. Google Keep(グーグルキープ)はパソコンでも使える
  4. まとめ

Google Keep(グーグルキープ)とは

「Google_Keep」をApp_Storeで.jpg
iPhone版
Android版

Google Keepは、Google社が提供している無料のメモアプリです。

手が離せないときは音声入力機能でメモを入力したり、写真を撮って保存したりできるので、複数の業務を平行して進めるビジネスパーソンにオススメのアプリです。Googleが提供しているサービスのため、Google Driveとの同期もできます。

他にも、Google Keepにメモした電話番号を長押しして「開く」をタップすれば、そのまま電話をかけられるなど、ちょっとした便利な機能も搭載されています。

Google Keep(グーグルキープ)の使い方

今回は、Google Keepの基本的な5つの機能について解説します。

1.メモ機能

1.メモの作成

Google Keepはアプリを開くとすぐにメモを入力できます。

1.png
画面左下の「メモを入力…」をタップし、内容を入力します。

色の変更

メモを内容によって分類したい場合は、背景の色を変更しましょう。

2.png
内容を入力後、画面右下のアイコンをタップします。

3.png
画面下の丸印の中から好きな色をタップすると、背景の色を変更できます。

2.チェックリスト作成

チェックリストを作成し、タスク管理としての活用もできます。

4.png
画面左下の「メモを入力…」をタップします。

5.png
画面左下のアイコンをタップします。

6.png
チェックボックス」をタップします。

7.png
入力画面にチェックボックスが表示されます。「」ボタンをタップすると、箇条書きでリストを作成できます。

3.音声入力

音声を自動でテキストに変換します。同時に録音されるため、音声データとしても残せます。

8.png
アプリを開いてすぐ、画面右下のマイクのアイコンをタップします。

9.png
画面に「待機中…」が表示され、音声を入力できます。入力を終えたら、真ん中のマイクボタンをタップします。

10.png
音声認識で入力されたテキストと、録音データが記録されます。

2.写真機能

写真を撮影し、テキストのメモと一緒に記録できます。会議や打ち合わせでのホワイトボードの内容を残すときなどに便利です。

11.png
アプリを開いてすぐ、画面右下のカメラのアイコンをタップします。カメラで撮影するか、既存の画像フォルダから画像を選択します。

12.png
画像がアップロードされたら、メモの内容を入力できます。

3.リマインダー機能

設定した日時や場所でアラームを鳴らすことができます。例えば立ち寄り予定のある顧客企業名をメモし、最寄り駅付近の住所を設定しておけば、そこに到着したタイミングで通知が届きます。

13.png
メモ内容を入力後、画面右上の真ん中のアイコンをタップします。

1.日時を指定

14.png
日時の選択」のタブを開き、「日付」「時刻」と「繰り返し(スヌーズ)」機能を設定します。設定後、画面右上のチェックマークをタップします。

2.場所を指定

15.png
場所の選択」のタブを開き、「住所」を入力します。入力後、画面右上のチェックマークをタップします。

16.png
設定した日時や場所がメモの内容と共に表示されます。

4.共有機能

Gmailアカウントを持っているユーザーとメモ内容を共有できます。共有した内容は、お互いに編集が可能です。タスク担当者内での進捗状況の報告などに活用できます。

17.png
共有したいメモ内容を入力後、画面右下のアイコンをタップします。

18.png
表示されるメニューの中から、「共同編集者」をタップします。

19.png
共有したいユーザーメールアドレス(Gmail)を入力し、画面右上のチェックボタンをタップします。相手ユーザーも「Google Keep」で同じメモを共有し、編集できるようになります。

5.アーカイブ機能

20.png
メモの内容が表示されている画面の右上の右端のアイコンをタップすると、そのメモをアーカイブします。

21.png
アーカイブ直後は画面下に「元に戻す」のメッセージが表示されます。誤って操作してしまった際はタップして戻すことができます。

Google Keep(グーグルキープ)はパソコンでも使える

Google Keep
Google Keep

ちょっとしたメモに便利なGoogle Keep。実はパソコンでも利用できます。
Webサイトにアクセスし、Googleアカウントでログインするだけで利用できますので、活用してみましょう。

また、Google Chromeの拡張機能を利用すれば、表示しているWebサイトをボタン一つでGoogle Keepに保存できます。

拡張機能は以下URLよりインストールできます。
https://chrome.google.com/webstore/detail/google-keep-notes-and-lis/hmjkmjkepdijhoojdojkdfohbdgmmhki?hl=ja

まとめ

Google Keepは、多くの機能を搭載したメモアプリです。手が空いていないときには音声入力、タスク管理をしたいときにはチェックリスト作成など、様々な用途に活用できます。

Gmailアカウントを持っていれば無料で全機能を利用できるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

他のメモアプリを見てみる

iOSの純正「メモ」アプリを使いこなすために知っておきたい7つの小技集

iOSの純正「メモ」アプリを使いこなすために知っておきたい7つの小技集

度重なるアップデートによって、純正「メモアプリ」でできることは増え、今では以前なら考えられないような便利な機能がたくさん実装されています。 今回は、iOSの純正「メモ」アプリを使いこなすために知っておきたい7つの小技集をご紹介します。

メモでは物足りない?ジャーナルアプリを使う4つの場面とおすすめiPhoneアプリ5選

メモでは物足りない?ジャーナルアプリを使う4つの場面とおすすめiPhoneアプリ5選

ジャーナルアプリを使う4つの場面とおすすめiPhoneアプリ5選をご紹介します。よく「日記」を記録するアプリと誤解されてしまいますが、それ以外にもさまざまな用途があるので、自分なりの使い方を模索してみましょう。