さまざまなメーカーから、音声で操作ができるスマートスピーカーが発売されています。もしかしたら、みなさんの家にもすでにあるかもしれませんね。

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

再現性のあるTwitter運用を可能とするSNSマーケティングツールの資料を無料でダウンロードできます。

LINEが開発・販売している「Clova Wave」もスマートスピーカーのうちのひとつ。この記事では、このClova Waveがどんなことができるのか、解説していきます。他のスマートスピーカーとは何が違うのでしょうか?

Clova Waveとは?

Clova Waveは、いわゆるスマートスピーカーです。音楽を聴くというスピーカー本来の機能に加え、音声認識機能(音声アシスタント)を搭載。スピーカーに向かって話しかけることで、さまざまな機能が使えます。

ログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

ITツールに不慣れな方や非エンジニアでも利用できる国産初のチャットボットツール。LINEやFacebook Messengerを使ったマーケティングで多数実績を持っています。

Clova Waveに搭載されている音声アシスタントは「Clova」です。スピーカーに「ねえ、Clova○○して」と話しかけると、スキルが発動します。

Clova Waveでできること

先述の通り、Clova Waveに「ねえ、Clova」と話しかけることで、さまざまな機能を使用することができます。ここでは、その機能の一部を紹介します。

LINE MUSICで音楽を聴く

月額980円のLINE MUSICに加入していると、Clova Waveで音楽を聴くことができます。「ねえ、Clova。(曲のタイトル)かけて」と話しかければその曲を、「ねえ、Clova。(アーティスト名)かけて」と話しかければそのアーティストの曲をかけてくれます。LINE MUSICは4000万曲以上の楽曲が収録されているので、そのときの気分に合わせてさまざまな音楽を楽しめます。

なおClova Waveは20Wという大きなスピーカーを搭載しているので、音質がいいのも特徴。また、バッテリー駆動ができるので、部屋のさまざまな場所に移動して置くことができます。

ラジオを聴く

Clova Waveは、ラジオ番組聴取サービス「radiko」と連携しており、ラジオ番組を聴くことができます。「ねえ、Clova。ラジオをつけて」といえばradikoが起動。「ねえ、Clova。(ラジオ局名)かけて)」と言えば、そのラジオ局の現在放送中の番組を流してくれます。

また、放送中のラジオ局名やラジオの番組表を読み上げることも可能です。

LINEでメッセージを送受信する

Clova Waveを使って、家族とLINEメッセージの送受信が行えます。「お母さんにLINE送って」「今日は遅くなります」と話せば、お母さんにメッセージが送られます。

この機能を使うためには、あらかじめClova Waveに「LINE家族アカウント」を登録しておく必要があります。たとえば、自分のLINEアカウントをLINE Clovaアプリから「お父さん」と登録すると、Clova Waveでは自分を「お父さん」と認識してくれるようになります。

なお、LINEの無料通話はClova Waveでは使用できません。無料通話を使いたい場合は別のスマートスピーカー「Clova Friends」を使用しましょう。

赤外線リモコンとして使用する

Clova Waveでは、音声経由でテレビや照明の操作ができる赤外線リモコン機能があります。赤外線リモコンに対応した家電ならば利用できます。使用するには「LINE CLOVA」アプリから登録をします。対応する家電メーカーはこちらを参照してください。

声でテレビのオンオフや音量調整、照明のオンオフができる便利な上、万が一リモコンをなくしても操作ができるという点で安心です。

童話の朗読

「ねえ、Clova。童話を読んで」と話しかけると、童話を朗読してくれます。タイトルを指定すればその童話を朗読してくれますし、「日本の童話」というようにジャンルで指定してもOK。朗読できる童話のリストはこちらを参照してください。

その他

そのほか、占いをしたり、アラームやタイマーのセット、ニュースの読み上げ、GoogleカレンダーやiCloudカレンダーと連携してスケジュールの確認をしたりすることなどが行えます。