クロスセル【Cross Sell】

Profile

マーケティングディレクター
ferret立ち上げ・企画・制作ディレクション・集客施策・アクセス解析など、サイトの裏側全般を担当しています。机にいないときは半蔵門のエクセルシオールを探してください。

Facebook : https://www.facebook.com/tetsuro.aoki
Twitter : https://twitter.com/te26_kun

執筆記事一覧はこちら

720 thumb
  動画を読み込んでいます。

クロスセルとは、商品の購入時や購入検討時に関連する商品の購入も促して、販売単価を上げる販売手法のことを言います。顧客にとっても関連する必要な商品が入手できるというメリットがあります。

ハンバーガーショップで「ご一緒にポテトもいかがですか?」と勧めたり、コンビニのレジ横に少額のお菓子や日用品を設置しておくのが代表例です。またオンライン通販でのレコメンド機能もクロスセルの一種で、盛んに行われています。

クロスセルを効果的に行うためには、どのような商品をどのタイミングで進めるかがポイントとなります。従って、対象商品と関連する商品の知識や、顧客の購買履歴、閲覧履歴などの行動情報を高度に組み合わることが必要になってくる場合があります。特にオンライン通販においては、それらの情報を自動的に取得/分析してお勧め商品を表示させる、レコメンドシステムが進歩してきています。

クロスセル」に対比する用語として「アップセル」があります。

Curriculum pt1

会話例

クロスセルアップセルの違いは分かっているかい?」
クロスセルで進める商品は、必ずしも購入する商品と近ければ良いというものでもないんだよ」
「もっと押しつけがましくないクロスセルの方法を考えてくれないか」