OEM

720 thumb
  動画を読み込んでいます。

OEMとは、自社のブランドではなく、製品の発注元のブランドで販売するために製品を製造することです。""Original Equipment Manufacturer""の略で、「相手先ブランド製造」とも呼ばれます。そのような製品を製造する企業はOEMメーカーまたは単にOEMと言われます。OEMメーカーは、その製品の全てを相手先のブランドで販売する場合と、一部を自社のブランドでも販売する場合があります。

OEMメーカーは、相手先のブランド力を使って販売数を伸ばすことにより、製品を市場に浸透させることができるメリットがあります。また製造ラインの稼働率を上げることにより設備の有効活用ができる事もできます。発注元は、製造ラインを全く持たないか、過剰な製造設備を持つ必要がないため、投資リスクを抑えられるメリットがあります。

家電製品や食料品、衣料品などで以前より行われていた製造・販売の形式ですが、近年は小売店のプライベートブランドがOEMの代表的な例です。

OEMに似た言葉でODM(Original Design Manufacturer)というものがあります。ODMは製造だけではなく、製品の企画や設計段階から製造業者側が行うものです。

##使いかた
OEMを利用すれば、自社が全く製造設備を持たなくても製品の販売が可能になりますよ」
「スマートフォンなどのモバイル端末は、OEMがなければここまで普及しなかっただろうね」
OEMの良いところは、製造と販売が得意な企業がそれぞれ強みを最大限に発揮できるところかな」