Twitterを使っていると、稀にアカウントが凍結されてしまう場合があります。凍結の原因はいくつかありますが、まずはアカウントを復活させることが最優先事項でしょう。

Twitter広告ならこの資料をチェック!

Twitter広告ならこの資料をチェック!

広告のプロが解説する『Twitter広告はじめてガイド』をダウンロード

しかし、アカウント凍結が起こったとしても頻繁に起こることではないため、対処法が分からず困り果てる方もいらっしゃるかもしれません。今回は、万が一に備えてTwitterアカウントが凍結された際の解除方法について解説します。

Twitterアカウントの凍結とロックは別物

アカウント凍結からの解除方法を見る前に、まず本当に自分のアカウントが凍結されたのかを確認しましょう。
よくアカウントロックとアカウント凍結を勘違いしていた、という例もあります。

主にアカウントロックの場合は、ツイートができなくなってしまいますが、タイムラインを見ることはできます。それに対して、アカウント凍結の場合は、ツイートもタイムラインも見れなくなってしまう状態を指します。

チャットボット運用で押さえておきたいポイントは?

チャットボット運用で押さえておきたいポイントは?

業界別導入事例に学ぶ成功のポイントを資料でチェック

Twitterアカウントが凍結された場合の表示

もしアカウントが凍結されてしまうと、どうなるのでしょうか?
次の2パターンが考えられ、どちらかに該当していれば、凍結されたとみて良いでしょう。

1. フォロー数、フォロワー数、リストの表示が0になっている
2. Twitterにアクセスすると「このアカウントは凍結されました」と警告文が表示される

002.jpg

上記のどちらでもない場合、一時的に規制されたか、Twitter自体の問題である可能性があります。
状態を見極めた上で、凍結解除に動くようにしましょう。