SNSやメッセージングサービスが普及した今、ユーザーとあらゆる手段でコミュニケーションをとることが可能となりました。

日本で普及しているFacebookやTwitter、LINEは、それぞれ異なる特性があるためできるだけ並行して利用するのが理想的ですが、全アカウントユーザーと密にコミュニケーションを取るのはSNS専任担当でない限り簡単ではないでしょう。

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

再現性のあるTwitter運用を可能とするSNSマーケティングツールの資料を無料でダウンロードできます。

特に、メッセージ機能がメインでないFacebookの場合は、メッセージが届いていても見逃す可能性が高く、サービスイメージの低下を招いてしまうこともあります。

ユーザーからの問い合わせに対してすぐに返信することが難しい場合は、自動返信機能を活用し、待ち時間を少しでも短くする工夫をしましょう。

今回は、Facebookページの自動返信機能「インスタント返信」の利用方法を解説します。

Facebookの「インスタント返信」とは?

「インスタント返信」とは、ユーザーからFacebookページに送信されたメッセージに対して自動返信する機能のことで、2015年12月に実装されています。

参考:
Facebookページでのコミュニケーション管理に役立つ新機能

ログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

ITツールに不慣れな方や非エンジニアでも利用できる国産初のチャットボットツール。LINEやFacebook Messengerを使ったマーケティングで多数実績を持っています。

「インスタント返信」では、自動送信するメッセージの内容や署名内容を指定できます。
ユーザーの「待つストレス」を軽減するためにも、インスタント返信機能を活用しましょう。