マーケティングにおいて、ビッグデータが活用されるようになってしばらく経ちますが、実際にビッグデータを活用できている企業はまだまだ少ないのが実情です。

そこで注目されているのが、統計学をベースにした拡張アナリティクスツールの「dataDiver」です。継続的にPDCAサイクルを回してマーケティング活動を最適化するために、dataDiverの特徴や基本機能、おすすめの使い方まで詳しく解説します。

【無料配布中】データを一元管理できるBIツールについても確認してみる

【無料配布中】データを一元管理できるBIツールについても確認してみる

BIツール選びのポイントや、そのポイントに沿った各社ツールの比較などを、BIツール導入を検討する方へ向けてお届けします。

dataDiverとは

Takramと電通CDC局が共同開発したdataDiverは、統計学をベースにして高度な統計分析を行う拡張アナリティクスツールで、2015年にデータビークル社からリリースされました。ビジネス課題を入力するだけで「次にどんなアクションをしたらいいか」といった分析や予測が行えます

データ分析の中から特に重要な3つのステップを抽出し、難しい操作も独自のアルゴリズムによって自動化できるのが特徴で、データを収集・整理して可視化するだけの分析ツールより高度な分析ができるため、拡張アナリティクスツールと呼ばれています。

また、コードを用いずに短時間で行えることなども強みで、着実に導入実績を増やし、NTTドコモやソフトバンク、ヤマハなど、さまざまな業界の大手企業で導入されています。

dataDiverの基本機能

dataDiverの基本的な機能は大きく3つに分けられます。それぞれ見ていきましょう。

記述的分析

記述的分析では「過去に何が起きたか」を把握できます。例えば、過去の売上数値をグラフにして可視化し、これまでのデータを一目で把握しやすくします。これはほかの分析ツールでも多く提供されている一般的な機能だと言えるでしょう。

診断的分析

診断的分析では「なぜそうなったのか」という原因を調べられます。例えば売上が大きく落ち込んでいたとしたら、何が売上にネガティブな影響を与えているか、疑わしい要因を洗い出します。自力で分析するとなると経験豊富なマーケターの力が必要ですが、dataDiverで自動分析できれば、まだ経験が浅い担当者でも原因追及しやすくなるのがメリットです。

予測的分析

予測的分析では「将来何が起きるのか」といった今後の傾向を確率的に予測することが可能です。例えば現状のデータから来期の売上予測を立てることも可能で、その予測に基づいてプロモーションなど売上アップのための施策を打ち出したり、現行のスケジュールを改善したりと、アクションを最適化しやすくなるでしょう。