インスタグラムより発表された「Instagram Stories(以下、ストーリーズ)」は、24時間で投稿が消滅する「日常生活の瞬間」を切り取って共有することができる機能です。
通常のインスタグラムのようにタイムライン上に表示されないため、より気軽にたくさんの投稿を行うことができるため、発表時より注目されています。

今回は、ストーリーズを使用するなら必ず知っておきたい、プライバシー機能についてご紹介します。
基本的なプライバシー機能については通常のインスタグラムと同様ですが、ストーリーズには独自の特徴的なプライバシー機能が存在します。
使用するにあたり、必ず目を通しておくようにしましょう。

ストーリーズで使用できる特徴的なプライバシー機能

インスタグラムの新機能「ストーリーズ」では「足跡」という特徴的なプライバシー機能が搭載されています。
これは、自分の投稿したストーリーズを誰が見たのかをチェックすることができる機能です。
ストーリーズをこまめにチェックしてくれているアカウントは、自分のアカウントのファンと言えます。

また、ストーリーズを見せたくない特定の相手を指定して、該当アカウントには自分のストーリーズが表示されないように設定することも可能です。
見せたくないアカウントがある場合は、あらかじめ設定しておきましょう。

足跡をチェックする方法

step1.

1.jpg
まず自分のストーリーズを開きます。
すると画面下に「目」のアイコンが表示されていますのでタップしてください。
表示されていない場合は、画面を下から上へスワイプすると表示されます。

step2.

2.jpg
すると自分のストーリーズを見たアカウントの一覧が表示されます。
ここで誰が閲覧したのかをチェックすることが可能です。

ストーリーズを見せたくない相手をブロックする方法

step1.

3.jpg
まず自分のストーリーズを開きます。
すると画面下に「…」アイコンが表示されていますのでタップしてください。

step2.

4.jpg
するとメニューが表示されますので、このうち「ストーリーズ設定」をタップしてください。

step3.

5.jpg
すると設定画面が表示されます。
一番上の「次の人にストーリーズを表示しない」をタップしてください。

step4.

6.jpg
自分のアカウントをフォローしているユーザー名が一覧で表示されますので、ストーリーズを見せたくないユーザー名を選択して「完了」をタップしてください。
これで設定完了です。

なお、ストーリーズではメッセージ機能も使用可能ですがこちらについてもメッセージ返信を許可する相手を選択することができます。
先にご紹介した手順と同様に、ストーリーズ設定を開いて設定画面から設定を行ってください。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

不適切なストーリーズがあった場合

ストーリーズの削除は自分の投稿しかできませんが、他のユーザーが投稿したストーリーズに不適切なもの(暴力的、スパムなど不快感を与えるもの)があった場合は、該当のストーリーズをインスタグラム運営事務局に報告することができます。

報告をする場合は、該当のストーリーズの右下に表示されている「…」をタップしてください。
するとメニューが表示されますので「報告する」をタップしてください。
すると通常のインスタグラムのように報告理由を問われますので、該当するものを選択して報告完了です。

まとめ

ストーリーズに似たSNSでは、スクリーンショットを撮影すると通知が来るものも存在します。
しかしインスタグラムではそのような機能は執筆時現在(2016年8月16日)は搭載されていません。
24時間で投稿が消滅するからと言って、スクリーンショットを撮影されるなどされては困るような不適切な投稿は行わないようにしましょう。