2016年2月、Twitter Japanは初めて日本国内のTwitterユーザー数を公表しました。その発表によると、2015年12月時点で日本国内で1ヶ月間にTwitterへログインしたMAU(月間アクティブユーザー数)は3500万人で、世界での増加率は日本が世界トップとされています。

参考:
Twitterが国内ユーザー数を初公表 「増加率は世界一」|ハフィントンポスト

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

再現性のあるTwitter運用を可能とするSNSマーケティングツールの資料を無料でダウンロードできます。

そのTwitterから、2016年9月8日、ダイレクトメッセージ機能において新機能が追加されたことが発表されました。

今回は、新機能として発表のあった主な3つの機能とその使用方法についてご紹介します。

今後ブラウザ版・アプリ版のどちらにおいてもすべてのユーザーに対して順次機能が提供されます。
アプリをアップデートしても実装が確認できない場合は、少し時間をおいて再度アップデートを行ってください。

既読通知

1.jpg
これまでTwitterのダイレクトメッセージでは、自分が送信したメッセージを相手が読んだのか確認することはできませんでした。
今回のアップデートにより、既読機能が追加されています。
送信したメッセージを相手が開くと、青い吹き出しの右下にチェックマークが表示されます。

ログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

ITツールに不慣れな方や非エンジニアでも利用できる国産初のチャットボットツール。LINEやFacebook Messengerを使ったマーケティングで多数実績を持っています。

設定の確認方法

この機能はデフォルトでオンになっていますが、設定画面からオン/オフの切り替えが可能です。
なお、設定をオフにするとダイレクトメッセージにおけるすべての既読通知機能がオフになりますので注意してください。
また、設定をオフにするとメッセージ受信者に既読を知らせることもできません。

step1.

2.jpg
まずアカウントのプロフィール画面を表示し、歯車のアイコンをタップしてください。
するとメニューが表示されますの「設定」を選択します。

step2.

3.jpg
設定画面が表示されます。
メニューの中から「プライバシーとセキュリティ」をタップしてください。

step3.

4.jpg
「プライバシーとセキュリティ」画面が表示されますので「既読の送信/受信」をタップして、機能のオン/オフを切り替えてください。