通話機能やメッセージ機能を持ったSNSであるLINEは、2016年4月時点で国内で最も利用者数の多いアプリです。
利用者数も全世界で2億人を超え、幅広い年代で利用されているのが特徴です。
企業から見ても多くのユーザーに呼びかけることができるLINEは、マーケティングに役にたつ魅力的な存在と言えるでしょう。

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

再現性のあるTwitter運用を可能とするSNSマーケティングツールの資料を無料でダウンロードできます。

今回は、LINEで行うマーケティングの1つとしてスタンプの活用事例を紹介します。
プロモーションとして配信するだけではなく、2014年5月からはLINEクリエイターズスタンプを利用して広告費をかけることなくスタンプを販売することが可能になりました。

企業認知度の向上やファンとの交流のきっかけを探している企業にとって、スタンプの配信を通してプロモーションを行うのも一手です。
「スタンプを作ってみたいけど、どんな風に企画すればいいんだろう」とお悩みの方は必読です。

参考:
スマホアプリの利用者数最多は「LINE」4300万人、「インスタグラム」は8割増で1000万人超に
LINE全世界利用者数2億2000万人、初の横ばい
平成27年度情報通信白書|総務省
  

LINEスタンプの種類

スタンプは他のユーザーとのメッセージのやり取りで、自分の感情を気軽に表現する方法として利用されています。

コミュニケーションアプリ_LINE(ライン).png
https://line.me/ja/

基本的にはイラストや擬音で構成され、言葉の代わりとなる表現として機能しています。
このように会話の中で使用されるので、スタンプは利用する人だけではなくメッセージを受け取る側も見るということを意識しておきましょう。

スタンプには大きくわけて、4種類のパターンがあります。
お金の流れがそれぞれ異なるので、注意してみてみましょう。

ログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

ITツールに不慣れな方や非エンジニアでも利用できる国産初のチャットボットツール。LINEやFacebook Messengerを使ったマーケティングで多数実績を持っています。

  

デフォルト無料スタンプ

LINEが無料で配信しているスタンプです。
デフォルトのものとして、ユーザーは無料で利用できます。
  

有料販売スタンプ

LINEが作成したものや、ディズニーやサンリオなどのキャラクタービジネスの企業と提携して販売しているスタンプです。
「公式スタンプ」という名称で、1パック20~40個、240円程度程度で販売しています。

参考:
LINE公式スタンプ
  

プロモーションタイプ

プロモーションタイプのスタンプは企業が広告費を支払うことで、ユーザーに無料または条件付きで提供しているスタンプです。

ユーザーがスタンプをもらえる条件としては「公式アカウントと友達になる」「企業のCMを全て見る(LINEマストビュースタンプ)」などを指定することが可能です。

費用としては、例えばダイレクトスタンプと呼ばれる企業からユーザーに直接スタンプの配信を行う形式の場合、スタンプ8種類で10,000,000円(税別)の費用がかかります。

※LINE株式会社コーポレートビジネスグループ発表の資料「mediaguide_LINE_direct sticker_2017_01ー03」より

参考:
LINE Partner
公開資料|LINEアドセンター
  

クリエイターズスタンプ

LINE_Creators_Market.png
https://creator.line.me/ja/

LINEアカウントを持っていれば個人・法人問わず作成し、LINEの審査を受けた上で販売することができるスタンプです。
Googleなどの手数料を除いた売上げのうち、50%が収入となります。
独自のキャラクターを持っている必要がある有料販売スタンプや、広告費のかかるプロモーションスタンプとは異なり、費用をかけることなくスタンプを配信できるのが特徴です。

自分でキャラクターを作っているデザイナーや、高額な広告費を出すことのできない中小企業でも気軽に取り組めるスタンプと言えるでしょう。

こちらの記事でクリエイターズスタンプの作成方法をご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

参考:
LINEスタンプ登録から販売までの5ステップを公開