自作スタンプの販売ができる「LINE Creators Market(ラインクリエイターズマーケット)」では、新しいLINEスタンプが日々追加されています。自作のイラストをLINEスタンプにして販売できるということもあり、クリエイターだけでなく主婦、学生の方も活用しています。

Twitter広告ならこの資料をチェック!

Twitter広告ならこの資料をチェック!

広告のプロが解説する『Twitter広告はじめてガイド』をダウンロード

一見、手軽に誰でも販売できそうなLINE Creators Marketですが、実際にLINEスタンプを販売するまでに手間取ってしまう方も少なくありません。場合によっては審査が通らず修正(リジェクト)となってしまう可能性もありますので、スムーズに審査を通過するためにも正しい手順で登録する必要があります。

今回は、LINE Creators Marketへ登録しLINEスタンプを販売する流れを解説します。これからスタンプを販売してみたいと思っている方はぜひ参考にしてみてください。

LINE Creators Market(ラインクリエイターズマーケット)とは

LINE Creators Market(ラインクリエイターズマーケット)のキャプチャ
LINE Creators Market

LINE Creators Marketとは、オリジナルのLINEスタンプや絵文字、LINE着せ替えなどを販売できるWebサービスです。LINEアカウントを所持していれば、企業・個人問わず利用ができます。

チャットボット運用で押さえておきたいポイントは?

チャットボット運用で押さえておきたいポイントは?

業界別導入事例に学ぶ成功のポイントを資料でチェック

登録したLINEスタンプは「LINE STORE」で販売されます。売れた場合、AppleやGoogleに支払われる手数料30%を除いた、売上金の50%がクリエイター(登録者)に支払われる仕組みです。