2019年6月27日、LINE株式会社の事業戦略発表会「LINE CONFERENCE 2019」が幕張アンフィシアターにて開催されました。

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

再現性のあるTwitter運用を可能とするSNSマーケティングツールの資料を無料でダウンロードできます。

カンファレンスではLINEの新たなビジョンである「LIfe on LINE」が発表され、24時間365日、ユーザーの生活すべてをサポートするライフインフラの実現に向けて多くのサービスが発表されました。今回は、その中から「LINE Mini App」「LINE BRAIN」の2サービスについて解説します。

OMOの時代に向けたサービス「LINE Mini App」

CWO(Chief Wow Officer) 慎 ジュンホ氏は「オフラインに対応せずに、24時間365日LINEのユーザーをサポートすることはできない」と話し、オンラインとオフラインの境界線を無くすOMOの実現に向け、新たなサービスとして「LINE Mini App (ライン ミニ アプリ)」を発表しました。

MG_7235(1).jpg

「LINE Mini App(ライン ミニ アプリ)」は、LINEアプリ内に新設するサービスプラットフォームであり、LINEのアプリ上で機能するミニアプリを制作するツールです。

「LINE Mini App」は、2019年秋にソフトローンチ、2020年春に本ローンチ予定となっています。

このプラットフォームを活用することで、企業・LINEユーザーに以下のようなメリットがあります。

ログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

ITツールに不慣れな方や非エンジニアでも利用できる国産初のチャットボットツール。LINEやFacebook Messengerを使ったマーケティングで多数実績を持っています。

知識がなくてもミニアプリを作成可能に

企業や店舗は、LINE内にWebページでもアプリでもない、LINE上に掲載可能な情報ページを専門的な技術なしで開設でき、会員管理・ポイントカード機能・予約フォーム・クーポン発行・顧客へのリマインドなどの機能が利用できます。

これにより、Web関連の技術が無くとも簡単にオンラインを通して顧客へのアプローチが可能です。

また、アクティブユーザーが多いLINEを利用することでユーザーへの接触機会の増加が期待できます。

ユーザーにとって、LINEだけがあればいい時代に

「LINE Mini App」により、LINEユーザーはLINEの中であらゆるサービスや情報にアクセスできるようになるでしょう。

_MG_7257.jpg

従来の場合、消費者は各店舗ごとにポイントカード、サイト、専用アプリを利用する必要があり、財布の中身からポイントカードを探したり、スマートフォン上からアプリを探したりと、手間がかかりました。
ポイントカードを作成したり、アプリをダウンロードして登録をしても、一回きりしかその店舗を利用しなかった場合、貯めたポイントが無駄になります。

LINE Mini Appでは、CWO 慎氏が「日常生活でLINEアプリさえあれば、お気に入りの店舗を見つけた場合、ワンクリックで登録ができ、情報を取得でき、支払いができるようになる」と話したように、「LINE Mini App」を利用する場合、LINE Payでの決済のため、LINEポイントが同時に貯められ、他店舗を利用する際にまた別の店舗で貯めたポイントの有効活用ができます。また、ポイントカードの作成はアプリ内のなので、財布内から作成する手間がありません。

加えて、様々な店舗のクーポンや各ユーザーごとへのレコメンド商品の情報をプッシュ通知、LINE Payでの決済などが、LINEアプリ内で完結できるため、LINEユーザーは情報の集約化が期待できるでしょう。