無料で使える音声読み上げソフト5選

テキストの音声読み上げソフトの中でもフリーソフトを紹介します。

「まずは音声がどのように作られるのかを確かめたい」「作成した音声を動画作成に利用してみたい」という方はチェックしてみましょう。
  

1. Open JTalk

スクリーンショット_2017-03-01_18.04.25.png
http://open-jtalk.sourceforge.net/

Open JTalkは、名古屋工業大学を中心に開発されたオープンソースのソフトウェアです。フリーソフトですが商用利用もできます。

利用にあたっては音声の合成を担う「HTS」というソフトと元となる言葉の辞書として機能する「Dictionary for Open JTalk」というライブラリをインストールする必要があります。ソースコードが公開されているため、プログラミング言語を利用して細かいカスタマイズを行えます。
  

2. テキストーク

スクリーンショット_2017-03-01_18.16.20.png
http://choppli.123net.jp/textalk/

テキストトークは音声読み上げができるフリーソフトです。テキストの内容を読み上げるだけではなく、読み仮名辞書機能を使って特定の言葉の読み方を記憶させておくことが可能です。

現在(2018年1月18日再編集時点)では、利用の制限はありません。WAV形式とMP3形式で保存もできるので、動画の作成時にも役に立つでしょう。
  

3. テキスト→音声 変換

スクリーンショット_2017-03-01_18.21.19.png
https://note.cman.jp/other/voice

「Open Jtalk」をもとに作成されたソフトで、ブラウザ上で操作できるのが特徴です。男性声や女性声、速度など基本的な項目を選択でき、生成した音声はWAV形式とMP3形式で保存もできます。

商用でも利用できますが、作成できる音声は200文字までに限られるので短文の作成に向いています。
  

4. SoftTalk

スクリーンショット_2017-03-01_18.27.04.png
https://www35.atwiki.jp/softalk/

SoftTalkは、音質や速度のような基本設定だけではなく、読み飛ばしや抑揚の設定も行える音声読み上げソフトです。非営利かつ個人で利用する分には問題なく利用できますが、企業が利用する場合や商用で利用する場合は有料となり、5,800円(税抜)のライセンス購入が必要です。

参考:
使用ライセンス|AQUEST