マーケターのための使えるITソリューション見本市「マケスト」。
今回その中からご紹介するのは、広告CRMをかけ合わせた新ソリューション「Synergy! CRM広告配信(アドレサブル広告)」です。

【ここがポイント】
ポイント1:顧客情報を活用し高精度の広告施策を1プラットフォームで実施
ポイント2:戦略立案・制作・分析・運用まで担う、統合マーケティング支援
ポイント3:Yahoo! DMPと連携、ヤフーのデータと掛け合わせて分析

Synergy!を基幹としたCRM広告配信、アドレサブル広告とは

6.png

セキュアな環境下で、顧客情報の集客、蓄積・管理、育成ができる国産CRMサービス「Synergy!」を起点に、CRM広告を統合することでマーケティングROIの向上を目指す全く新しいソリューション。それがアドレサブル(Addressable)広告です。

進化するWeb広告の歴史におけるアドレサブル広告の重要性

広告→ネットワーク広告→DSP→アドエクスチェンジ……更に昨今ではDMPの登場により、広告にWeb以外のデータ(顧客データ)を紐付けることが当たり前の世の中になりました。つまりよりユーザーを特定してメッセージを届けることができる状態です。

この「よりユーザーを特定して広告を配信する」ことの概念をアドレサブル広告と提唱しているのがシナジーマーケティングです。

そもそもアドレサブル広告とはアドレス(個を特定)できる広告のことを意味し、TVCMの手法でも同様の表現を見かけることも多く、語源は同様です。視聴ユーザーを特定しにくく費用対効果が不明確なTVCMの特性上、アドレサブルというフレーズがはまりやすかった背景がありますが、アドレサブルという概念自体はWeb広告においてもマッチしており、今後のWeb広告の進化を促進するとシナジーマーケティングは考えています。

紹介動画

アドレサブル広告担当者からメッセージ

altテキスト

東日本事業部副部長 兼 アドレサビリティー事業部 金沢 信介氏

近い将来、より必要とされる「デジタルマーケティングの最適化」。
チャネルもデバイスも、そして個々の価値観もより多様化していくことは間違いありません。個々のニーズに対して、いつどのようにしてメッセージを届けるのか、今まさに真のコミュニケーションのあり方が問われていると思っています。

弊社が提供するアドレサブル広告は、Web集客とCRMの垣根を無くし、CRM広告を統合することで、マーケティングROIの向上を目指したソリューションです。

信頼・安心を大前提に、費用対効果に納得していただくことはもちろん、先述のとおり変化する環境における複雑なコミュニケーションを、もっと手軽に、簡単に実施できるようにしていきたいと考えています。

その手段の一つが、アドレサブル広告です。複雑だからこそより簡単に、効果の高いマーケティング施策の推進をシナジーマーケティング全体でサポートしていきます。

マケスト編集部より一言コメント

「いつ、誰に、何を、どう届けるのか」これらはマーケティングにおいて非常に重要な要素です。その精度を高めることができるのが「Synergy!」というプラットフォーム。そして、既存の顧客データを広告に連携させることで、潜在顧客〜既存顧客までカバーできる新たなソリューションとして生まれたのが、アドレサブル広告です。

シナジーマーケティングがこれまで培った実績とノウハウを享受しながら、新たな顧客接点を作ることができる非常に魅力的なソリューションではないでしょうか。Web集客が頭打ち、広告の効果が鈍化している、休眠顧客が増えてきた、そんな方にぜひおすすめです。

続きは、