Facebookの公式アイコン(ロゴ)を使いたいと思った時に、皆さん、どのようにしていますか。

ホームページ制作時にSNSアイコンを設置したいと考えている方、広告などの紙媒体でSNSアカウントを紹介する際にロゴを掲載したいという方、多いのではないでしょうか。

Facebookでは、ブランドリソースセンターで各種素材を配布しており、公式アイコンもダウンロードが可能です。しかし、意外にも手順が多かったり、ガイドラインが細かいため、いざ使いたいと思ってもダウンロードで手こずって……という方も少なくありません。

そこで今回は、Facebookの公式アイコンを使うためのダウンロード方法から、ガイドラインまでを詳しく紹介します。

記事で紹介している手順に沿えば、Facebookが配布している公式アイコンがすぐに使えるようになります。ホームページ、紙媒体などでこれから公式アイコンを使用しようと思っている方は、ぜひ手順などを参考にしてください。

目次

  1. 利用できるFacebook(フェイスブック)の公式アイコン(ロゴ)の種類
  2. Facebook(フェイスブック)の公式アイコンのダウンロード方法
    1. Facebook(フェイスブック)ブランドリソースセンターにアクセスする
    2. 素材を一括ダウンロードする
    3. 個別にダウンロードする
  3. 使用についてのガイドライン
  4. ダウンロード場所
  5. まとめ

利用できるFacebook(フェイスブック)の公式アイコン(ロゴ)の種類

Facebookからダウンロードできる公式アイコン(ロゴ)の主要アセットは以下の通りです。

  • Facebookの「f」ロゴ
  • 「Facebookもチェック」のロゴ
  • 「いいね!」ボタン
  • 親指アイコン

このほかにも、

  • 広告主およびパートナー向けのアセット
  • エンターテイメント向けのアセット
  • ニュース及び解説向けのアセット

が用意されています。

まずは主要アセットのダウンロード方法を確認しましょう。

Facebook(フェイスブック)の公式アイコンのダウンロード方法

Facebookのアイコンを使うには、公式ホームページからダウンロードする必要があります。自分で作らずとも用意されているロゴを使うことができますので便利です。

以下、ダウンロード方法の手順を紹介します。

Facebook(フェイスブック)ブランドリソースセンターにアクセスする

fbdl_-_1.jpg

Facebookブランドリソースセンター」にアクセスします。
  

素材を一括ダウンロードする

fbdl_-_2.jpg

ページを少しスクロールしたところにある少しスクロールしたところにある「ロゴおよびアイコンアセットパック」にダウンロードできるアイコンやロゴが表示されています。

アイコンやロゴを一括ダウンロードする場合は、「使用に関するガイドラインを読み、これに同意します」にチェックを入れて「ダウンロード」をクリックします。
  

個別にダウンロードする

fbdl_-_3.jpg

個別にダウンロードしたい場合は、欲しいアイコンやロゴを直接クリックします。個別にガイドラインを確認できます。ガイドラインを確認したら、右下の「アセットをダウンロード」からメディアタイプを選択し、ガイドラインの同意にチェックを入れてダウンロードをクリックしましょう。
  

使用についてのガイドライン

fb4.png
https://ja.facebookbrand.com/guidelines/brand

Facebookロゴを使用するためには、ガイドラインを厳守する必要があります。ガイドラインはダウンロードページに詳しく記載してありますので、素材をご利用の際には内容をよく読みルールを守って活用しましょう。

ガイドラインには、各配布ページに記載のものとは別に一般的な推奨事項と禁止事項として以下のような内容が定められています。「一般ガイドライン」は、素材を使用してコンテンツを公開する際の一般的なルールです。貫性を持ってブランド素材を使用することで、Facebookに言及していることをわかりやすくし、会社商標の保護にもなるとしています。

●推奨事項

・Facebookの他の規約、ポリシーに従う
・素材の周囲に十分スペースをとること

●禁止事項

・商標登録、ドメイン名登録などでfacebookブランドの権利を主張しないこと
・素材の改変をしないこと
・Facebookを模倣した、もしくは混同される名前、ロゴなどは使えない
・Facebook規約に違反するコンテンツに関連付けられたものに表示したり、提携または指示をほのめかす表示、自社制作物の最も際立った特徴のように表示するなどはできない
そのほか、商品化についてや「facebook」という単語についてなど、細かく規約が定められています。

一般的な推奨事項と禁止事項はこちらに詳しく掲載してあります。
ガイドラインはこちら

「テレビや映画のガイドライン」は、クリエィティブな要素と魅力をできるだけ損なわずに、Facebookのブランド基準を維持していくために作成されたものです。
ロゴをテレビや映画で使いたい時には、「テレビや映画のガイドライン」を確認する必要があります。

今回例としている「f」ロゴの場合は、一般的な推奨事項と禁止事項に従わなければならないほか、以下のような「f」ロゴ利用の際の推奨事項を設けてあります。

●「f」ロゴ利用の際の推奨事項

・管理、運営しているFacebookページ、プロフィール、グループ、イベントなどを示す場合や、自社ウェブサイトへのFacebookの実装などの場合のみに使用する
・「Facebookで「いいね!」してね」のように、Facebookを使用していることが伝わるような、アクションを促進する言葉を使用する
・白、薄い色の背景に青いボックス、または青や濃い色の背景に白いボックスの組み合わせにする
・オンラインでのロゴ利用時には、自社のFacebook上のページに直接リンクさせる

禁止事項としては、以下のような点が挙げられています。

「f」ロゴ利用の際の禁止事項

・「f」ロゴを物体としたり、アニメーションで動かすこと。
・「f」ロゴを自社制作物の最も際立った特徴のように見せること。
・「f」ロゴに変更を加えること。デザイン、サイズ、色などの変更も禁止。なお、技術的な制約で正しい色が使えないときには、白黒で使用すること。

テレビや映画で「f」ロゴを使用する際には、次の情報を記載して申請をする必要があります。

テレビや映画で「f」ロゴ利用の際の申請で記載する情報

・コマーシャル、映画、番組の詳しい説明
・「f」ロゴがどのように登場するか
・脚本でFacebookに言及している部分
・英語以外で申請する場合には、申請の翻訳

  

ダウンロード場所

fb5.png

上でご紹介しましたとおり、Facebookの各種素材はブランドリソースセンター内素材のページでダウンロードができます。ロゴに加えて、User Interface 3種類(プロフィール、ニュースフィード、Facebookページ)、Internet.org 4種類(ロゴ、パートナーのロゴ、Free Basicsの画面、Free Basics by Facebook)も、同ページから利用が可能です。

参考:
Facebookブランドリソースセンターの素材はこちら
  

まとめ

Facebook(フェイスブック)の公式アイコン(ロゴ)の使用手順を紹介しました。

Facebookのロゴはデザイナーが制作、配布しているものもありますし、自分で作ることだって可能です。しかし、素材サイトを探しまわったり、わざわざ一から作ったりせずとも、公式ホームページから簡単にダウンロードすることができます。ビジネス関連のデザインであれば、どうせ設置するなら公式のアイコンが良いという方も多いでしょう。また、ラスタ画像だけではなく、編集がしやすいベクター画像も一度に手に入るのが嬉しいポイントです。

公式アイコンは手軽にダウンロードができますが、実際に素材を利用する際には、設置方法や加工などに関する様々なルールを守らなければいけません。推奨事項だけではなく、禁止事項も定められていますので、適切に素材を利用するためにはガイドラインの熟読が必要です。

ご利用の際には、必ず配布ページのガイドラインをよく読み、ルールを守ってご利用ください。

Facebook(フェイスブック)の運用を知る

コンテンツの改善に役立つ?Facebookのページクオリティタブが与える影響

コンテンツの改善に役立つ?Facebookのページクオリティタブが与える影響

2019年2月1日、Facebookは「Facebookページの透明性を高める新たな取り組みについて」というタイトルで新しい機能「ページクオリティタブ」について発表しました。Facebookページを運用して販売促進につなげている企業も多いですが、ページクオリティタブは今後のFacebookページ運営にどんな変化をもたらすのでしょうか?今回はページクオリティタブが与える影響を考察します。

  

BtoB企業でも活用できる!Facebookページの活用事例10選

BtoB企業でも活用できる!Facebookページの活用事例10選

今回は、BtoB企業のFacebookページ活用事例10選を紹介します。 どのFacebookページも、いいね!数が非常に多く、Facebookページ運用のヒントになるものばかりです。 特にBtoB企業のFacebookページ担当者の方は今回紹介する事例を参考に、ファンを獲得してユーザーとのコミュニケーションの場として、Facebookページでの成果を上げるためのヒントにしてみてはいかがでしょうか。