変換ツールを利用する方法

ホームページからPDFファイルに変換するツールを利用する方法です。
例えば、以下のようなツールが挙げられるでしょう。

PDFmyURL

Convert_any_URL_or_Web_Page_to_PDF_Online.png
Convert any URL or Web Page to PDF Online

「 PDFmyURL」はホームページURLからPDFファイルに変換できる無料のツールです。
ボックスにURLを入力するだけで変換が始まり、PDFファイルとして保存できます。
なお、特定のホームページからPDFファイル変換を行う際には、有料のプランを契約する必要があります。ページ全体を素早くPDFファイルに変換したい時に利用するといいでしょう。

拡張機能を利用する方法

ブラウザごとに提供されている拡張機能を利用する方法です。
例えば、以下のようなツールが挙げられるでしょう。

Awesome Screenshot

Awesome_Screenshot__キャプチャーと注釈___Chrome_ウェブストア.png
AwesomeScreenshot|Googleウェブストア

「AwesomeScreenshot」はホームページのスクリーンショットを作成・編集できる拡張機能です。現在画面に表示されている画面だけでなく、ホームページ全体をスクリーンショットとして保存できます。

ファイルの形式もPNG形式やPDF形式など複数から選べるので、資料作成の際にも重宝するでしょう。

▼ダウンロードページ
Awesome Screenshot の評価・レビュー|フリーソフト100

ブラウザによっては使用できない場合も

Adobe Acrobatでは、ホームページの全部または選択した一部分のPDFファイルへの変換が可能です。ただし、一部の領域を変換する方法はInternetExplorerにしか対応していないので注意してください。

GoogleChromeのような他のブラウザで、ホームページの一部をPDFファイルに変換したい場合は無料の変換ツールや拡張機能を利用するのもいいでしょう。ホームページリニューアルなど自社のホームページの一部を変更する際には、社内や製作会社の方とホームページのデータをやりとりする機会が多くなります。紹介した方法を活用して、他社の方とでもスムーズにやりとりできるようになりましょう。

こちらもチェック

PDF編集ツール11選!手軽に使えるツールを見つけよう

PDF編集ツール11選!手軽に使えるツールを見つけよう

PDFの資料は、種類にもよりますが、ツールを利用することで比較的簡単に編集することができます。使い慣れたツールをひとつ用意しておくだけで、もしもの際の修正も効率良く行えます。今回は、PDF編集ツールを11個紹介します。

スクリーンショット・キャプチャに使えるChrome拡張機能10選

スクリーンショット・キャプチャに使えるChrome拡張機能10選

ホームページを運用していると、ツール紹介のコンテンツ制作など、スクリーンショットの機能を使う機会があります。スクリーンショット機能はパソコン自体にも備わっていますが、拡張機能を使うと使い勝手が良くなります。今回は、スクリーンショットやキャプチャをするときのChrome拡張機能を10個まとめました。