Twitterは1月のアップデートで、遂にグループダイレクトメッセージ機能を実装しました。LINEやFacebookメッセンジャーと同様に、複数人でのチャットが可能となりました。
今回は、パソコン、スマホアプリでのTwitterグループダイレクトメッセージ機能の概要や使い方について解説します。

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

再現性のあるTwitter運用を可能とするSNSマーケティングツールの資料を無料でダウンロードできます。

参考:
Twitter Japan Blog

1.Twitterグループダイレクトメッセージ機能とは

Twitterのダイレクトメッセージは、タイムラインとは別にお互いフォローしあっているアカウント同士でメッセージをやり取りできる機能でした。
これまでは1対1でのやり取りしかできませんでしたが、今回のアップデートで複数人でのトークが可能となりました。人数制限については特に明言されていませんが、実機で試したところ1つのグループにつき最大20名まで登録できるようです。
また、従来のダイレクトメッセージと違い、グループ内にフォローしていない相手がいる場合でも登録できるようです。
自分をフォローしているアカウントをグループに招待できますが、グループ内のいずれかのアカウントがブロックしているアカウントはグループに招待することはできません。

追記
グループメンバーに招待する際、誰かのフォロワーであればその人の招待メンバーとして追加することができます。また、途中から追加することもできますが、追加されたユーザーは過去のやり取りを見る事ができません。

ログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

ITツールに不慣れな方や非エンジニアでも利用できる国産初のチャットボットツール。LINEやFacebook Messengerを使ったマーケティングで多数実績を持っています。

グループダイレクトメッセージ機能まとめ

・送信できる文字数は1回につき140文字
・写真添付可能(動画は不可)
・1つのグループに20名まで登録可能
・フォローしあっていない相手でも同じグループに入ることができる。
・自分のフォロワーを招待できる
・グループ内の誰かがブロックしているアカウントは招待できない