今年2017年の8月23日で、ハッシュタグが誕生してからちょうど10年経ったことをご存知でしょうか?

Twitter上で初めてハッシュタグが使われて以降、様々なSNSで利用されるようになったとされています。

今回は、ハッシュタグが広く使われるようになった歴史と、使う際のポイントをご紹介します。
ハッシュタグがなぜ使われるようになったのかを理解しておくことで、より効果的に活用できる可能性が高くなります。
特にSNSで企業アカウントを運用されている方は一度チェックしておきましょう。

ハッシュタグとは

ハッシュタグとは、最初に「#」がついたキーワードをさします。
TwitterやインスタグラムのようなSNS上で使われ、投稿を簡単に見つけやすくする、拡散されやすいというメリットがあります。

商品について調べるときにもハッシュタグが活用されています。
例えば、Aという商品を購入する前に、「#A」というハッシュタグで検索します。するとAに関する投稿をまとめて見られるので、投稿に書いてる商品のレビューをもとに購入するかどうかを決定します。

検索エンジンキーワードを入力するのではなく、ユーザーのリアルな声を収集するための方法としても、ハッシュタグを活用できます。企業としてSNSを運用しているときには、ハッシュタグを活用したいところでしょう。

参考:
ググるより「ハッシュタグ検索」が使えるワケ | ゆうこす流SNSの新常識

ハッシュタグの歴史

ハッシュタグは、2017年8月23日で誕生してから10年が経過しました。現在多くの人が日常的に使用していますが、どのようにしてハッシュタグの概念が生まれたのでしょうか?

ハッシュタグが最初に使われたのはTwitterで、使用したのはクリス・メッシーナ氏とされています。GoogleやUberに勤めた経験もあるクリス・メッシーナ氏が、「Bar Camp」というWeb関連のカンファレンスで「#」を使って投稿しようという呼びかけています。

「Bar Camp」についての情報をハッシュタグを使わずに投稿した場合、「Bar」と「Camp」それぞれのキーワードで検索されてしまい、投稿が埋もれてしまう可能性がありました。
そこで、「#barcamp」というハッシュタグを作成し、1つのキーワードにまとめることで、「Bar Camp」に関する投稿だけを簡単に見つけることができるようになります。

Twitterで一番最初に使用されたハッシュタグは、その後多くの人に使用されるようになり、現在ではインスタグラムやFacebookでも使われるほど広く普及しました。

参考:
「#」記号の歴史。ハッシュタグ以前、それは電話のシャープだった
記号「#」は、いかにハッシュタグへと進化したのか──Twitter共同創業者らが振り返る、その歴史的瞬間

ハッシュタグを使うときのポイント

固有名詞や商品名を使い分ける

ハッシュタグを作成するときは、固有名詞や商品名を使い分けるといいでしょう。
例えば、自社商品の名前をハッシュタグにすれば、商品名で検索した人向けにしぼり込んで情報を届けることができます。

参考:
Facebookとハッシュタグ!意外と知らないメリットとデメリットとは?

ハッシュタグの正しい作成方法を知っておく

ハッシュタグは、作成するときにいくつか注意するポイントがあります。
例えば、「Webマーケティング」のハッシュタグを作成するときに、「#web マーケティング」と語句と語句のあいだにスペースを空けてしまうと、スペース以降の文字はハッシュタグとして認識されません。

正しい作成方法は下記の通りですので、ハッシュタグを作成するときに参考にしてみてください。

・スペース、記号、句読点は使用しない
・タグを複数つけるときは、タグとタグの間にスペースを空ける
・「#」は半角で入力する

ツールを使ってクリックされやすいハッシュタグを調べる

ハッシュタグをつけて投稿しても、検索数やクリック数が少ないハッシュタグはあまり意味がないことがあります。
ハッシュタグをつけるときは、どのくらい検索されているハッシュタグなのか、事前にツールを使って調べておきましょう。

参考:
インスタグラムの人気ハッシュタグ調査ツール5選

大量につけすぎると逆効果になることも

ハッシュタグは情報を拡散するときに役立ちますが、大量につけすぎると宣伝色が強くなり、ユーザーに嫌煙されてしまう可能性があります。
ハッシュタグをたくさん使用している方は、一度見直してみるといいかもしれません。

まとめ

ハッシュタグが最初に使われ始めたのはTwitterでしたが、関連がある投稿を見つけやすい、情報を拡散するのに役立つといったメリットから多くのSNSで利用されるようになりました。
今回ご紹介したポイントを踏まえて、個人アカウントや企業アカウントでハッシュタグを活用してみてはいかがでしょうか?