LINEのWAVEやGoogle Homeが日本でも発売されてしばらく経過しましたが、AmazonやAppleのように、まだ日本では発売されていない商品も含めて、各社がさまざまなスマートスピーカーを発表しています。

音声だけで聴きたい音楽から照明の点灯、ピザの宅配にいたるまで、今ではあらゆることが可能になっています。

実際、アメリカではドミノピザのAlexa経由での注文が好調で、7月にはイギリスでも音声経由でのダイレクトオーダーがスタートしています。
また、ドミノピザは2016年には前年比19%のグローバルセールスを記録しており、ボイスペイメントが一役買っていると報じています。

10月4日にはインドでもAlexaが発売され、Amazon Japanのプレスリリースによれば日本でも年内にはAlexaが発売されるとしています。
すでに発売されているスマートスピーカーもある中、実際にはAlexaやAppleのHomePodを「待ち」でいくのか、はたまたClovaやGoogle Homeを「買い」でいくのか?

今回は、各社の最新スマートスピーカーをまとめていきます。

各社の最新スマートスピーカー総まとめ

1. Google Home

s.png
スクリーンショット:2017年10月

すでに国内で発売されているGoogle Homeにはすでにたくさんのレビュー記事が書かれています。
Googleストアでの価格は2017年10月末現在で15,120円(税込)となっており、Googleストアのほか家電量販店でも購入することはできます。

通常、ボイスコマンドを実行する場合には、ウェイクワードと呼ばれる掛け声で始める必要があります。
Google Homeの場合、「OK Google」(オーケー、グーグル)と呼びかけることが知られていますが、日本向けには「ねえ、Googleというウェイクワードも導入されました。

t.png
スクリーンショット:2017年10月

また、Googleアシスタントのアップデート頻繁に行われており、Google HomeやGoogle Home Miniでもインターネットラジオ局の「radiko」や、食べログ、SUUMO、さらには「日本史語呂合わせ」や英会話サービス「ベストティーチャー」など、さまざまなサービスが利用できるようになりました。

同時に国内で発売されたGoogle Home Miniは、Google Homeの子機ではなく、これ単体で作動します。

mini.png
スクリーンショット:2017年10月

日本ではすでに家電量販店などでディスプレイされているので、実際に確かめることができます。
Googleストアでの価格は2017年10月末現在で6,480円(税込)となっており、Homeの半額以下で購入することができます。

2. LINE Clova WAVE

2.png
スクリーンショット:2017年10月

LINEの音声アシスタントClovaを搭載したLINE Clova WAVEは、LINEやLINEミュージックなどと相性がいいのが特徴です。

リクエストに応じて4,000万曲以上の楽曲の中からLINEミュージック経由で再生をしたり、LINEでメッセージを読み上げたり送信をしたり、テレビのリモコンがわりにも活用することができます。
もちろん、ニュースや天気、今日の運勢なども教えてくれます。

Clovaのウェイクワードは「Clova」(クローバ)なので、このようなかたちでボイスコマンドを行います。

「クローバ、お母さんにLINE送って」

ボイスコマンドは「Jessica」(ジェシカ)に変更することもできます。
ボイスコマンドが認識されると、WAVEの足元にあるリングが緑色に光ります。

1.png
スクリーンショット:2017年10月

LINEシリーズとの連携が強みになっているので、LINEを頻繁に使うひとはClovaを使ってみるといいでしょう。
2018年1月末までは、「4,000万曲の音楽12ヶ月聴き放題セット」12,800円(税込)で購入できます(単体で購入すると14,000円(税込)となり割高となってしまいます)。

3. Apple HomePod

homepod-white-shelf.jpg
スクリーンショット:2017年10月

HomePodは、12月からアメリカ・イギリス・オーストラリアで先行発売される、Appleのスマートスピーカーです。

LINE WAVEと同じく、Appleには4,000万曲以上を揃えるApple Musicがあるので、ユーザーの好みに合わせて音楽を再生できます。
他のスマートスピーカーよりも大きいと感じるかもしれませんが、それは大型ウーファー(低音を響かせるスピーカー)を内臓しているからです。
そのほか、7個のビームフォーミングツイーターのカスタムアレイが装備されており、高周波音響もあらゆる方向コントロールで可能にするなど、まさに音質にこだわったスマートスピーカーだと言えます。

homepod-siri-interact.jpg
スクリーンショット:2017年10月

ウェイクワードは*「Hey Siri」(ヘイ、シリ)です。
スピーカー自体にカスタムA8チップが搭載され、6個のマイクによってユーザーの音声を拾います。
また、頭上にはSiriの
「波形」*が現れ、認識状況を確認することもできます。

オーストラリアやイギリスでの価格は年内には発表されるとのことですが、アメリカでは349ドル(約40,000円)で販売予定です。
色は、ホワイトとスペースグレイが用意されています。

4. Amazon Echo

alexa.jpg
スクリーンショット:2017年10月

Amazonのプレスリリースでは、年内に日本での展開が決定しているAmazon Echo。
音声による操作が特徴で、部屋のあらゆるところから常にハンズフリー再生、ニュース、天気の確認などを行うことができます。

Amazon Echoに内蔵されている音声アシスタントAlexaには、スキルと呼ばれるAPIやツールが用意されています。
これにより、さまざまなサードパーティーが独自に機能を開発することができるので、ドミノピザでピザを頼むことができるだけでなく、料理のレシピや、電車の出発時刻、銀行の残高の確認などもできるようになります。

実際、すでにAlexaの日本パートナーとしてNTTドコモ、クックパッド、KDDI、積水ハウス、ソフトバンク、NHK、JR、三菱UFJ、ヤフー、リクルートが参画していることが発表されています。

また、見た目とは裏腹に、ノイズや反響音の制御を行ったり、専用のツイーター、2.5インチダウンファイアーウーファー、ダイナミックな低音レスポンスを実現するドルビープロセッシングなどが採用されています。

echo.png
スクリーンショット:2017年10月

アメリカでの価格は179.99ドル(約20,000円)で、Echoの後継機にあたるEcho Dotは49.99ドル(約5,500円)とお手頃です。

Amazon Echoが日本でも年内に発売されることを受けて、これからますますスマートスピーカー領域が日本でも盛況するのは間違いなさそうです。

まとめ

Apple HomePod以外は2017年中に購入できるようになるようですが、それぞれに得意な分野が違うので、どれを選べばいいのか、そもそもスマートスピーカー自体購入した方がいいのか、判断するのは難しいところではあります。

Google Home MiniやAmazon Echo Dotなど、廉価にもかかわらず高性能なものもあるので、まずはそこから試してみるのもいいでしょう。
どちらも6,000円前後で購入できるという気軽に手に入れられるというのも魅力です。

一度停滞したIoT分野分野ですが、スマートスピーカーの日本発売でまた盛り上がりを見せそうです。