マーケターのための使えるITソリューション見本市「マケスト」。
今回その中からご紹介するのは、ビジネス用の動画制作プラットフォーム「Videolicious」です。

【ここがポイント】
ポイント1:スマートフォンだけで“普通の資料を作る手軽さ”で動画が制作できる 
ポイント2:全社導入でも定額コスト。誰もが動画の制作者・ 発信者になれる
ポイント3:直接セールスに効くパーソナライズド動画等のマーケティング機能実装

Videoliciousとは?

Videoliciousとは
Videoliciousは、スマートフォン1台で撮影から編集、公開・送信までできる、アプリとクラウドを利用したビデオ制作プラットフォームです。

料金は月額固定で動画制作本数、利用ユーザー数ともに制限はありません。会社がアカウントを持てば、利用する社員・スタッフや公開される動画がどれだけ増えても追加料金が発生することがないため、安心してお使いいただけます。

Videolicious
プロモーション動画・導入事例動画・インナーコミュニケーション動画・ユーザーサポート動画・セールス用のパーソナライズ動画など、ビジネスを活性化させるあらゆるタイプの動画の制作に対応します。

動画のノウハウがない企業でも自社で活用できるよう、トレーニングやサポートサービスも提供しています。

Videoliciousはニュースメディア向けに開発され、この分野のデファクトとなったツールでしたが、ビジネスでの動画活用ニーズの高まりを受け、SAPやIBM、GEなどグローバル企業にも採用され、現在は世界で約400万ユーザーに利用されています。

・誰でも簡単に作成できる直感的な操作感を実現
・導入しやすい低価格&定額制の料金プラン
・マーケティングに活用できるパーソナライズ動画も簡単に作成可能

Videoliciousには「誰もが簡単に、いつでもすぐに、一定のクオリティの動画を作れる」環境が構築されています。
企業のスタッフ自らが簡単に手早く動画を作り、マーケティングやセールスに活用することができます。

スマートフォン1台で撮影から編集、アップロードまで全てを行うことができます。
難しいイメージのある編集作業も、自動編集機能により、見栄えの良い動画を手早く作ることができます。

Videolicious

スマートフォンで撮影した動画や写真だけでなく、外部の画像(PowerPointで作った画像など)や動画素材を読み込んでインサートカットとして映像を構成することができます。

さらに、簡単に動画が作れるだけではなくセールスで効果を出すための機能を実装しました。
スマートフォンの画面に表示されるトークスクリプトを読み上げるだけで、プロモーション用の映像素材と独自のメッセージを組み合わせた動画を制作できます。
ですので、例えば顧客毎にパーソナライズした動画メッセージを作成できます。

制作した動画はそのダイジェストをGIFアニメーションとしてメールに埋め込むことができるので、パーソナライズ動画メールも簡単に作成できます。

Videolicious担当者のメッセージ

Videolicious

クロスコ株式会社 執行役員 高橋 仁氏

私たちが追求しているのは、バズを起こすような動画ではなく、企業がビジネスを推進するための動画です。

ハイクオリティで話題になるような動画ではなく、ビジネスに直結するような動画を作成しようという考えのもと、動画関連サービスを提供しています。

動画のビジネス活用はまだ始まったばかりですが、形はどんどん変わっていくでしょう。
直近はVRコンテンツをビジネスに活用できるようなサービスも開発しています。

「映像を通じて、マーケティング課題を解決していく」というスタンスは変えず、時代の変化に沿って提供するサービスはどんどん変えていきます。

マケスト編集部より一言コメント

動画コンテンツの重要性は年々高まっています。
スマホの普及とインターネット閲覧環境が整備されたことにより、多くのユーザーが気軽に動画を楽しめるようになりました。

テキストや画像に比べて情報量が多く、エンターテイメント性も高い動画は、うまく活用すればユーザーの興味関心をひけるので、コンテンツマーケティングの手段としても注目されています。

しかし、動画に取り組むための人も予算も時間も確保できないという企業は多いでしょう。

動画を活用したいというモチベーションはあるのに、様々な要因に阻害されてできていないというのはとてももったいないことです。

費用や作成リソース、ノウハウ不足など、動画活用を踏み止まらせるような要素を極力排除した「Videolicious」であれば、余計な作業に手間を取られることなく、動画を活用するための戦略設計に十分時間を費やすことができるでしょう。

続きは、