インターネット上で記事を読む際、本文の前に簡単に本文の内容を紹介した文章が記載されているケースをよく目にします。
これは「リード文」と呼ばれる文章で、まさに今目にしているこの文章も「リード文」です。
インターネット上に公開される記事のライティング作業を行う方であればリード文を書く機会は多々ありますが、特にライティング初心者の方はそもそも記事においてどのような役割を担っているのか、どのように書いていけばよいのか迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。

今回は、特にライティング初心者の方に向けてインターネット記事における「リード文」の主な役割や書き方のポイントやオススメの手順など最低限押さえておきたい3点についてご紹介します。
どれもまずはこれだけは押さえておきたいという重要なポイントばかりですので、記事本文を書くことには慣れたけれどリード文にどのような要素を含めればよいのか分からない、書き進め方に迷っているという方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

1.リード文の主な役割3つ

1.読者に記事の方向性を示す

リード文を示すことで、読者の記事の方向性を示すことができます。
これは読者自身が記事の本文を読んで、満足度が極端に下がってしまうことを防ぐことにもつながります。
例えば、ライティング上級者の方が初心者向けの記事を読んだ場合「この内容は当たり前に知っているから記事を読んでも満足しなかった」と感じることが考えられます。
しかしリード文で「初心者向けの内容である」ことを明示しておけば、本文を読んでも満足度が下がる心配がありません。

2.読者の興味・共感を得る

リード文では読み手と書き手の距離を縮め、あたかも自分に向かって語り掛けているかのように思わせる役割もあります。
例えばリード文で「◯◯で悩んでいませんか。」と読者に問題提起をすれば、悩みを抱える読者から興味や共感を得ることができます。
そのまま「そのトラブルを回避するための3つの方法を紹介します。」と具体的な解決方法が本文に記載されていることを提示すれば、読了してもらいやすくなります。

3.読者からの信頼を得る

記事や媒体などにもよりますが、リード文で「こんにちは、〇〇担当の△△です。」と名乗る場合もあります。
近年、キュレーションメディアなどの台頭で誰でも記事を書くことができるようになりました。
しかしその一方で、記事の信頼性などの問題も浮上しています。
リード文で記事を書いた人物が役職や業種などと同時に名乗り出ることで、読者に安心感を与えることができるほか、役職や職種などの観点から見た記事なのだと読者にイメージさせることができます。

2.リード文を書く際のポイント4つ

1.本文でなにを知ることができるのかを提示する

先にご紹介したように、リード文には記事を目にした読者が本文中でどのような内容を知ることができるのかを提示して読了まで導く役割があります。
そのため、実際に執筆をする際は記事を目にした読者がどのような情報を求めてページを開いたのかを必ず念頭に置いておく必要があります。

2.できる限り短くまとめる

現在、インターネット上には数え切れないほどの記事が公開されてるため、読者が1記事あたりにかけられる時間はあまり多くはありません。
これは、リード文で「何を言いたいのかわからない」という印象を与えてしまうと読者が本文を読了する前に離脱してしまう可能性が高まることを意味します。
リード文は要点を抑えつつ、だらだらとした文章にならないように簡潔にまとめることを意識してください。

3.根拠のないことを書かない

リード文に限りませんが、根拠のない内容をあたかも「事実」として紹介することは読者の期待を裏切り、満足度を下げることにつながります。
言い切り型の文章は内容に説得力を与えますが、裏取りができているのかを確認してください。

4.意外な事実を示す

読者がまだ知らない可能性のある、またはぼんやりとしか知らない可能性のある事実を提示し、その事実を基にした本文へと導いていく手法です。
リード文で従来「定説」とされていたことをひっくり返して意外性のある要素を提示し、本文中で詳しく言及することで読了まで導くことができます。