マーケターのための使えるITソリューション見本市「マケスト」。
今回その中からご紹介するのは、ポップアップ型のWeb接客ツール「Sprocket(スプロケット)」です。

【ここがポイント】
ポイント1:ユーザーに合わせて表示内容やタイミング、導線を最適化
ポイント2:経験豊富なプロがシナリオ設計を担当
ポイント3:サービス継続率90%超えの確かな実績

Sprocketとは?

CSprocket
「Sprocket」は、柔軟性の高いツールと実績を持つプロのサポートをセットで提供するサービスです。

訪れたユーザーの状況(初めて訪れたのか、会員登録済みかなど)に合わせて、表示するコンテンツや表示するタイミングを変更します。
また、コンバージョン手前の入力フォームで離脱してしまう要因を分析し、未然に防ぐための仕組みを設計します。

例えばピザハットの場合、会員登録時の入力項目が多く、そこで離脱するユーザーが多数いることが課題でした。

そこでSprocketを導入し、会員登録時のメリットを訴求するポップアップを表示するようにしたところ会員登録率を27%向上させることに成功しています。

・コンバージョン率改善に必要な機能が揃っている
・実績を積んだプロがシナリオ設計を代行
・プロの設計&AIによるABテスト自動判定機能でスピーディに改善

Sprocketは、コンバージョン率改善ツールとプロのサポートをセットで提供しているので、時間も知識もない担当者の課題を全て解決します。

まず、Sprocketのプロデューサーがサイトの課題を分析し、シナリオを設計します。
シナリオを施策に落とし込んで実際に運用し、場合によってはAIを用いてスピーディーにABテストを実施、最適化しています。
業務を全て代行することも可能なので、担当者のリソースがほとんどなくても問題ありません。

ポップアップ型のWeb接客ツールなので、実装にあたり大掛かりなシステム改修は必要ありません。
開発側の工数もほとんど心配することなく導入できるでしょう。

EC サイト向けパッケージ「Sprocket for EC」を準備中です。
これまで積み上げてきた Sprocket の成功事例から作られた Web 接客テンプレートを、お客さまが自由にご利用できる充実したパッケージとなっております。

Sprocket代表からのメッセージ

Sprocket
株式会社Sprocket 代表取締役社長 深田 浩嗣氏

弊社は、おもてなしの精神をテクノロジーの世界でも実現することを目指しています。

「おもてなし」という言葉は、今使われている意味と本来の意味は実は違うんですよね。

お客様に快適になってもらうために企業が様々なサービスを施すという文脈で使われがちですが、本来は「企業とお客様が切磋琢磨する」という意味合いが強いんです。
おもてなしの源流は茶道です。「わかるもの同士」で気持ちを読み合い、より高いレベルのサービスに昇華していくものでした。

でも、わかるもの同士しかその世界を味わえないのはもったいないですよね。
誰でもその世界を体験できるような状態にしたいという思いから「Sprocket」を開発しました。

「Sprocket」は「接客の本質を科学していく」ことを目指しており、本来のおもてなしも体現していきたいという想いがあります。

「Sprocket」を通して、本質的なおもてなしの精神を広めていきたいですね。

マケスト編集部より一言コメント

Web接客ツールをはじめ、マーケティング関連ツールは導入してからいかに活用できるかが勝負です。
導入しただけですぐ改善するということはなく、初期の設計やルール作りを徹底しなければ運用に乗ることはなく、形骸化してしまいます。
近年、マーケティング関連ツールが続々と生まれていますが、導入したはいいものの結局使えないまま契約終了してしまったという企業は少なくないはずです。

本来は自社で運用できるのが理想ですが、売上を伸ばすという目的を達成するためであれば、運用をプロに依頼するのも1つの手です。

Sprocketは、ツールの提供だけでなく、実績を持ったプロによる運用代行も提供しているので、少なくとも「ツールを使いこなせずに価値がわからないまま終わってしまった」という結果は回避できるでしょう。

続きは、