マーケティングに携わる人であれば「ペルソナ」を設定していると思いますが、正しく理解した上で使っていますか。当たり前のように使っているけれど、実は何となくしかわかっていない、今さら人には聞けないという方も少なくないはず。

また、似たような用語である「ターゲット」と何が違うのか、疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、ペルソナの基礎知識と重要性について、詳しく解説します。

今こそ正しく覚えよう!「ペルソナ」とは

8116_001.jpg

ペルソナ(persona)とは、サービス・商品の典型的なユーザー像のことで、マーケティング関連において活用される概念です。

実際にその人物が実在しているかのように、年齢、性別、居住地、職業、役職、年収、趣味、特技、価値観、家族構成、生い立ち、休日の過ごし方、ライフスタイル……などリアリティのある詳細な情報を設定していきます。

ちなみに、マーケティング関連の用語の中に、ペルソナと似た言葉として「ターゲット」や「ターゲットマーケティング」というものがあります。実は、混同してしまっているという方も多いのではないでしょうか。

商品・サービスのユーザー像を考えるという点ではターゲットもペルソナも同じですが、人物像の設定をどれだけ深くするかが異なります。「ターゲットマーケティング」よりも「ペルソナマーケティング」の方が、より深く詳細に人物像を設定するのです。

具体例としては、以下のとおりです。

●例1
・ターゲット
20代〜30代、女性、主婦、料理好き
 
・ペルソナ
山田花子
28歳
女性
専業主婦
都内に住む
夫、長女(5歳)、次女(3歳)の4人家族
料理、カフェめぐり、ランチが趣味
Instagramで料理系のアカウントを日頃チェックしている
自身もレシピブログを開設している
友人とのやり取りではLINE、Facebookを使用することが多い

上記のように、ターゲットは人物像をやや幅を持たせて設定するのに対し、ペルソナは人物像をリアルに設定していきます。

「ペルソナ」設定の重要性

8116_002.jpg

商品開発、マーケティングには、世代も性別も違う様々な人間が関わります。また、個人が製品に対して考えているイメージや視点も全く同じとは限りません。関係者の認識が共通でないままマーケティング活動を進めてしまうと、それぞれの思う人物像にバラツキが出てしまい、ターゲット像が曖昧になってしまいます。

ターゲット像が上手く定まっていない状態では、効果的なマーケティング活動が難しくなります。また、関係者の幅広い意見を1つの製品に取り入れようとして、結果的にユーザーニーズを満たす製品ができ上がらない可能性も出てきます。

そこで必要なのが、人物像への理解を深めるために「ペルソナ」を作成することです。具体的なユーザー像を設定することで*関係者間の認識を統一することができ、自社がとるべき戦略が明確になります。