キャッチコピー

Profile

ferret編集メンバーが不定期で更新します。
Webマーケティング界隈の最新ニュースからすぐ使えるノウハウまで、わかりやすく紹介します!
  
>> 著者詳細はこちら

720 thumb
  動画を読み込んでいます。

キャッチコピーとは、商品などの宣伝の際に使用される文章のことです。
宣伝をする対象のイメージや特徴を簡潔にまとめつつ、見た人の印象に残る必要があります。一言で完結するものから数行になる文章など、実際の長さはバラつきがあります。
キャッチコピーの制作を職業とする人のことを、「コピーライター」と言います。

Curriculum pt1

キャッチコピーの幅

キャッチコピーは、何かの宣伝をするために作られます。
その「何か」は食品であったり、洋服であったり、あるいはドラマや映画であったりと、様々です。また、雑誌に掲載するのか、テレビでテロップを出すのか、誰かに喋ってもらうのかと、宣伝をする媒体にも幅があります。

その先を促すキャッチコピー

キャッチコピーは一般的に、その商品やサービスを覚えてもらうために利用されます。
キャッチコピーによって商品やサービスのイメージが湧き、消費者が商品に興味をもつように工夫します。

ダイレクトメール(DM)やランディングページ(LP)のキャッチ

ただし、ダイレクトメール(DM)や、インターネット上で使用される、ランディングページ(LP)に記載されているキャッチコピーは少し目的が異なります。
これらは、いきなり商品を勧めるというよりは、以降の文章を読んでもらうためにキャッチコピーを使用します。
タイトルに魅力的なキャッチコピーを使うことで、以降の文章をしっかりと読んでもらい、より確実に商品の購入に結びつけるのが狙いです。

株式会社マクロミルのアンケート調査では、メールマガジンを例に調査を行い、メールの開封にタイトルが重要な役割を果たしているという結果が出ています。
(参照「タイトルで中身読むか決める」が8割超―マクロミルのメールマガジン調査」http://wired.jp/2010/01/26/「タイトルで中身読むか決める」が8割超―マクロ/

用語例

「商品名よりキャッチコピーで覚えちゃってたよ」
「センスを感じる企業のキャッチコピーですね」
「何度も読み返したいキャッチコピーの広告があった」