コンバージョンボタン【Conversion Button】

Profile

ferret編集メンバーが不定期で更新します。
Webマーケティング界隈の最新ニュースからすぐ使えるノウハウまで、わかりやすく紹介します!
  
>> 著者詳細はこちら

コンバージョンボタンとは、ユーザーをホームページの訪問者から顧客に転換(コンバージョン)させるためのボタンです。たとえば、ホームページ上で商品を買う場合、ユーザーは確定ボタンをクリックしなければなりません。つまり、このボタンを押した瞬間、ユーザーは訪問者から顧客に転換するのです。

Curriculum pt1

コンバージョンボタンの重要性

現在、ホームページはパソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットでも利用されるようになりました。ですから、多くのユーザーを顧客にするために、「押したくなるボタン」をデザインすることが非常に重要です。

コンバージョンボタンの作成や設置については、以下の点に注意すると良いでしょう。

1、押しやすい大きさであること。
2、目立つ配色や位置であること。
3、読みやすい書体であること。
4、誤解されない言いまわしであること。
5、思わず押してしまうデザインやイメージであること。

また、デザイン上優れている場合でも、一般的なホームページで使われているボタンとあまりにもちがうデザインだと、ユーザーが見逃してしまう可能性があります。単純にデザイン性を追求すれば良いというわけでないので、注意が必要です。

会話例

コンバージョンボタンの色はやっぱり赤がいいかな?」
コンバージョンボタンは、ユーザーが見つけやすい色にすると良いでしょう)

「このコンバージョンボタン、ちょっと見つけづらいよね。もっと上の方がいいかな?」
(スマートフォン用のホームページなどでは、コンバージョンボタンが下にあると親指で隠れてしまい視認性が落ちる場合があります。タップされづらくなるので注意が必要です)

コンバージョンボタンのデザインにこだわるより、商品そのものを魅力的にした方がいいね」
(商品が魅力的であることが、一番大切です)