個人や組織が情報発信に取り組むハードルが低下し、それにともなって情報発信に取り組む重要性も増しました。

たとえば、デザイン会社THE GUILDの深津貴之氏はコンテンツプラットフォーム「note」を運営するピースオブケイクのCXO(Chief Experience Officer)に就任したこともきっかけとなり、最近では多くのデザイナーがnoteでブログを書き始めています。

経験したことや持っている知見を文章にし、発信することは自分の考えを整理するのに役立ち、業界全体のレベルアップにも貢献できる活動です。今後、さらに多くの人が情報発信に挑戦しようとするでしょう。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

伝えたいメッセージを文章化するプロセスを紐解く

ただ、いざ文章を書き始めていると、思ったように書くのはなかなか難しいものです。

今回は、自分が伝えたいメッセージをうまく文章に変換するために、ライティングのステップを分解し、記事を作り上げていくためのプロセスを紹介していきます。

今回、記事を書くプロセスを理解しやすくするために、6つのステップに分解しました。

  1. コンテンツキャンバスで書く目的や情報の整理を行う
  2. マインドマップでキーワードを洗い出す
  3. キーワードをグルーピングして整理
  4. アウトラインの作成して伝える順番を考える
  5. ノンストップ・ライティングでとにかく書く
  6. 推敲とアウトラインの見直し

各ステップでは、どういうことをしたらいいのか、順番に見ていきましょう。

1. コンテンツキャンバスで目的を整理する

image3.png
まず、書く目的や情報整理を行うことで、伝えるべきテーマを明確化します。その際に有効なのが、「リーンキャンバス」のフレームを活用した「コンテンツキャンバス」です。コンテンツキャンバスで、ターゲットや伝えたいポイント、読者のネクストアクションなどを整理することで、伝えるテーマの輪郭が浮き彫りになっていきます。

2.「マインドマップ」で自身の関心テーマを可視化する

文章にする目的や情報が整理されれば、発信したいテーマに関する周辺情報を洗い出し、アウトラインの制作を行います。その際は、自身が発信したいことは何かを可視化することで、書くべきことを整理します。頭の中にぼんやりとある伝えたいことを整理するために有効なツールが「マインドマップ」です。

image2.png
出典:https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Tennis-mindmap.png

マインドマップとは、中心に主題となるテーマを描き、それに関連する情報を放射状に描き出していくような手法を指します。考えていることの全体像を把握しやすく、言葉と言葉の関係も把握しやすい方法です。

思いついたことを全て書き出し、書き出した言葉に関連して思いついた言葉があれば、それも紐付けて書き出します。脳内の情報を全て書き出すようなイメージで取り組むといいでしょう。

大きめの紙やノートに手書きでマップを作成しても良いですが、「SimpleMind」や「XMind」などのアプリもあるので、こちらを使うと修正がしやすくて便利です。アプリを使って作成すると、次のステップである「グルーピング」もやりやすくなります。

3. 出てきたテーマをグルーピングし、具体的な企画案に落とし込む

マインドマップの書き出しが終わると、マップにはさまざまなキーワードが書き出されているはずです。まるで連想ゲームのように思いついたキーワードを書いていくと、その幅が広がりやすいです。

マインドマップはアイデアを発散するためのツール。具体的なコンテンツ企画に落とし込むためには、収束させる必要があります。収束させるために、キーワードを見ながら共通項のあるキーワード同士をまとめていく必要があります。

「KJ法」と呼ばれる発想法では、ポストイットを活用したブレストを行った後、グルーピングを行います。その際、意味や文脈が近いキーワードをまとめていきます。まずは小さくまとめていき、そのグループの名前などを考えていきます。

その次は、小グループの中で近いものをまとめていって、グループに名前をつけていきます。グルーピングを通じて、発信したいテーマの中で言及すべきことが整理されるはずです。

4. 「人に話して説明する」イメージで、記事のアウトラインを作成する

グルーピングが完了したら、次はアウトラインを作成します。アウトラインとは、文章における骨子や構成案となるもの。アウトラインの作成時には、「何を書こうとしているのか」を考え、グルーピングした情報をどの順番で伝えるのかを考えます。

普段の会話の時のように、人に何かを話して説明する時のことをイメージすると、アウトラインを作成しやすいと思います。

実際にアウトラインを作った後に、友人や同僚、家族などにそのアウトラインを伝えて、相手が理解してくれるかどうかを確かめることも有効です。相手に伝えてみて、理解につまづくポイントがあれば、よりわかりやすくなるようにアウトラインの修正を行います。

5. 「書く」ことのハードルを下げて、まずは書く

アウトラインを作ったら、次は「書く」ステップです。普段から文章を書いていない人にとって、書くための準備も大切ですが、「書くことのハードルを下げる」ことも大事です。

書くハードルを下げるために有効な手法が、「ノンストップ・ライティング」です。とにかく書き続け、書くことが思い浮かばない時ですら、「書くことがない」と記述する、頭に思い浮かぶことをとにかく書き出すことでアイデアをひねり出す発想法です。

書く時に悩んでしまうと、つい筆が止まり、記事を書き上げることが難しくなります。まずは書いていくこと。そのために、「30分間は書き続ける」と決め、作成したアウトラインに沿って文章をひたすら書いてみましょう。

6. 推敲を繰り返し、文章の質を高めていく

文章を書き上げた後、文章のブラッシュアップを行います。下記の5つのステップを参考に、ブラッシュアップしてみてください。

image4.png

最後に推敲を行います。繰り返し読みながら、文章をブラッシュアップします。読み直す際は、少し時間を置いたり、PCで書いた場合はスマホで文章をチェックしたりすると、文章の誤りに気づきやすくなります。

推敲の際には下記のチェックリストを参考に、文章をブラッシュアップしてみてください。

image5.png

記事が完成すれば、公開します。人に読んでもらうことで、読者から反響をもらえ、その時のフィードバックを次に活かすことができます。最初からいい文章を書ける人は多くないはず。何度も書いていく中で、その質も高まっていくでしょう。

まとめ

今回は、「伝えたいテーマ」を文章化するための6つのステップを紹介しました。「記事を書く」と考えると、ついハードルを高く設定してしまいガチです。文章を作成するプロセスを細かく分解していくと、書くことのハードルを下げられます。

書いて伝えたいテーマがある、という方はぜひ今回紹介した手法を参考にしてみてください。