Yahoo!ディスプレイアドネットワーク【Yahoo Display Ad Network】

Profile

ferret編集メンバーが不定期で更新します。
Webマーケティング界隈の最新ニュースからすぐ使えるノウハウまで、わかりやすく紹介します!
  
>> 著者詳細はこちら

720 thumb
  動画を読み込んでいます。

Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)とは、インターネット広告の一種で、Yahoo!JAPANや主要提携サイトに広告を表示するサービスを指します。検索されるのを待つだけでなく、ターゲティングや広告掲載方式を多彩に設定し、広告の表示機会を最大化させることができます。

Original

Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)の効果

インターネット上で広告を出す場合、ユーザーインターネット検索結果に対して、効果的に広告を表示する「スポンサードサーチ」というものがあります。しかし、ユーザー検索結果よりもホームページの閲覧に時間を掛けているため、検索画面から潜在顧客を獲得するには限界があります。

一方、「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)」では、「Yahoo!ニュース」や「Yahoo!ショッピング」、「Yahoo!オークション(ヤフオク)」をはじめ、NAVERや食べログ、アメブロといった様々なパートナー企業に対して掲載されるため、多くの顧客候補に対して効果的にアプローチできるのです。

多種多様なアプローチ方法

Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)は、潜在顧客に対して最適な広告表示をすることを目的としており、そのためのターゲティングが多種多様に設定できます。

ではどういった広告掲載方式があるのか、いくつか解説していきましょう。以下、Yahoo!のホームページを参考にしながら説明していきます。

インタレストマッチ

登録した広告インターネットユーザーの興味関心(閲覧中のページ内容、過去の閲覧履歴や検索キーワード)に関連性があるときに広告を表示します。

ターゲティング

広告主の商材や訴求対象に合わせて、ターゲットを絞った広告配信が可能です。広告の配信面を選択したり、自社サイトを訪れたことのあるインターネットユーザーに対して広告を表示したりするなど、さまざまな方法で絞り込んだ人に対して広告を表示します。

モバイル

携帯電話を使っているインターネットユーザーに対して広告を表示する掲載方式です。ターゲティングを設定しない場合は、配信対象を特定せず広く広告を表示します。テキスト表示だけでなく、画像などで表示することも可能なので、視覚に訴える広告訴求も可能です。

類似サービス

Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)は、Yahoo!のコンテンツ、またはYahoo!と提携しているホームページに広告が掲載されるものです。

類似のサービスに、Googleが提供する「ディスプレイネットワーク」があります。意味や手法はほぼ同じですが、Yahoo!ではなくGoogleコンテンツページや、Googleが提携するホームページに広告が表示されます。

Yahoo!を主に利用する人、Googleを主に利用する人の属性はわかれていますので、ターゲットがどの検索サービスを利用するのか調べてから広告を出すことが重要です。可能であれば、両方に広告を出すと良いでしょう。

なお、Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)は、前述した「スポンサードサーチ」と組み合わせることで、その広告効果をさらに高めることができます。

会話例

「Yahoo!のディスプレイアドネットワークを活用して、自社商品を多くの人に宣伝しよう。」
「YDNをはじめて、顧客の数が一気に増えたよ」