プロモーション戦略の一環で、SNSを活用する企業が増えてきました。ユーザーにとって身近なコミュニケーションツールでもあるLINEをビジネス活用しようと考えている方も少なくないでしょう。

企業のビジネス向けアカウントのひとつに、「LINE@」があります。しかし、LINE@の開設には、LINEのアカウント情報が必要です。個人事業主であれば、プライベートで利用しているLINEアカウントをそのまま活用できます。

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

再現性のあるTwitter運用を可能とするSNSマーケティングツールの資料を無料でダウンロードできます。

しかし、企業内のチームで運用する場合は、プライベートのLINEアカウントを紐付けなければなりません。そのため、個人情報を利用することに抵抗を感じる方もいるのではないでしょうか。

何かの事情で担当を外れた場合の引き継ぎやセキュリティも心配です。

今回は、企業の代表番号などの固定電話番号でLINEアカウントを開設する方法を紹介します。また、企業の番号を利用し、運用する上で注意しておくべきポイントもまとめました。

LINEアカウントを開設する際には参考にしてみてください。

企業の固定電話番号でLINEアカウントを開設する方法

今回は、Macの画面でLINEアカウントを開設する方法を説明します。

13.png
App Storeで、LINEのアプリをインストールします。

14.png
LINEアプリを開くと、ログインか新規登録を選択する画面が表示されます。「新規登録」をクリックし、登録したい電話番号を入力して「次へ」をクリックします。

15.png
認証番号を入力する画面が表示されます。しかし、固定電話にSMSは届かないため、「通話による認証」を選択します。

通話による認証の注意事項を一読し、「確認」をクリックすると、すぐに電話がかかってきます。電話で聞いた認証番号を、フォームに入力しましょう。

ログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

ITツールに不慣れな方や非エンジニアでも利用できる国産初のチャットボットツール。LINEやFacebook Messengerを使ったマーケティングで多数実績を持っています。

16.png
電話番号の登録後は、メールアドレスの登録画面に遷移します。スキップもできますが、メールアドレスを登録しておかないとLINE@アカウントを開設できないため、ここで登録しておくことをオススメします。

メールアドレスを登録し、そのアドレスに届いた認証番号を入力します。

17.png
登録が完了すると、すぐにトーク画面が表示されます。まずは最低限のプロフィール情報を入力しておきましょう。画面左下の「・・・」をクリックします。

18.png
表示されたメニューから、「設定」をクリックします。

19.png
設定画面で、プロフィールの画像やIDを設定しましょう。