セグメンテーションとは、ビジネスを進める上で顧客をグループ分けしたり、市場や見込み客を属性ごとに分類したりなどする行為を言います。そのグループ自体をセグメントといい、ビジネスにおいてセグメントをしっかり意識することが重要と言われています。

セグメンテーションとは

セグメントとは本来「切り分けられた分類」という意味です。私達が携帯やスマートフォンなおで視聴できるワンセグの「セグ」もその略語です。1つの切り分け程度の少ない情報量で、小さな端末でも見られるよう最適化された放送仕様という意味になります。

ビジネスにおいては、ユーザーの性別や購入金額、年代、閲覧履歴、デスクトップかスマートフォンなどの端末属性など、とくに見込み客や既存顧客をセグメント分け(セグメンテーション)し、その傾向を調べ戦略に役立てるなどするケースが増えています。

自社の魅力を「広く・深く」伝えるならferretの広告

ブランド認知広告を出稿した
効果を見てみる

セグメンテーションの実際

ホームページ運営にもいてもセグメンテーションはとても重要です。中でも、アクセスを分析する際に、ユーザーがパソコン経由なのか、スマートフォン経由なのか、というセグメンテーションを行い分析することで、それぞれの傾向をつかむことが出来ます。

一方で、現在のマーケティングではセグメンテーションを適切に行うことで、より正確にユーザーの嗜好を把握することが不可欠です。ものやサービスがあふれている時代では、よりユーザーの嗜好にあったサービスや商品に注目が集まる傾向があるからです。

用語例

「先週のやったアンケートを性別でセグメンテーションしておいて。」
(アンケートデータを集計する際に、性別で分けて集計をしておいて。)

Googleアナリティクスのセグメント機能は強力だ。」
Googleアナリティクスというアクセス分析サービスでは、パソコンからのアクセスなのかスマートフォンからのアクセスなのかがすぐにセグメンテーション出来、とても強力なサービスだ、という意味。)

「消費者を詳細にセグメンテーションしてターゲットを絞り込むことが重要だ。」
ユーザーの嗜好はより細分化しています。そのような状況下において、見込み客をより詳細に分類し、ターゲットを明確にすることは、ビジネス上とても重要です。)